2019 12月 15日

下牧


今年最後の若牛の下牧だった。
十勝の預託牧場から4時間の道のりを今回は6頭が下牧して来た。
立派な家畜車に乗っておよそ1年ぶりの帰宅。

生後6か月から預け分娩およそ2か月前に帰ってきます。


十勝の預託牧場に預けるようになってすでに16年。お陰で初産分娩事故も激減し後継牛としてちゃんと残って働いてくれるようになった。
何ったって、手間がないだけに、自分で育成の繁殖を見なくていいのが一番有難い。
現在初産成績も9800kg、補正乳量だと13000kgと我が牧場にとっては優秀な初産牛になっています。

今月から初妊牛の分娩も多くって、全体の搾乳頭数がこれから増える一方。今まで長い秋休みだったので楽しみ。
今年は春に床の溝切工事を施工してもらって、滑って転んで廃用になる牛は一頭も出なかった。
しかし、その他の理由で廃用にする牛は相変わらず多くて、全体的には前年比プラスマイナスゼロという感じに終わりそうです。

廃用になったリストを見ると、牛の生涯寿命の短さに驚く。私なんてもう57年も生きているのにね~申し訳けないわ。
牧場に10年いる牛なんて氷山の一角程度。平均5~6歳で除籍になっているいるのが現実。
もう一年生涯寿命が延びると牛も増えるのにって思う。20年以上も前に作られた牛舎と牛のサイズがもうすでに合っていない?
牛飼いとしての力量も限界?と理由はたくさんあれど、牛飼いはまだまだ続くので、試行錯誤もこの先もずーっと続けて行かなくてはなりません。
牛人共に幸せな方向へ。