2020 1月 08日

粋人館(すいじんかん) 

昨日は旭川まで友人を送り届けに車を走らせた。
その帰り道、以前から行ってみたかったお店が愛別にあった。
愛別町は人口わずか2700人ほどの小さな町。
きのこが一大生産地でもあり、中でもジャンボ舞茸は飛び切りの美味しさなんです。
この舞茸を食べたら、他の舞茸は食べられなくなるほど、舞茸のシャキッとした歯ごたえと風味は最高なの。
ここの舞茸を頂くと、ガッツポーズが出てしまうくらい。

そんな愛別町に「粋人館」という和食・蕎麦を提供してくれる素敵なお店があるのです。

築90年以上の建物をリニューアルして造られたお店らしいです。


お店の素敵な立看。


お店の玄関を入ると、すぐ左手の階段を上がり2階へ案内される。壁一面に描かれた飛ぶ鳳凰の絵に驚かされる。
まるで、お店の二階へ誘う案内人のよう。
何ていうお店なんでしょう!と驚きと期待感が襲ってきます。

 
想像を超える明るい和のスタイリッシュな客席が広がっていました。
お昼時を過ぎていたので、お客さんは数人。

中央のこの席が素敵です。


愛別産の十割そばのエビ天ざるで♪


喉ごしのいいお蕎麦で美味しい。エビもプリプリ、サックサックの天ぷら。もちろん舞茸もあります。
お蕎麦の他に、日替わり定食もあり、次回はこれを食べてみたい、再来店したいと思わせるようなお店でしたね。
ボーっとお店を眺めていると、ミシュランのステッカーが目に入った。
ミシュラン2017のビブルクマンに記載されたそう。なるほど納得。

食後のコーヒー


木製カップ。陶器の湯のみのように熱さを感じず、飲み口も薄くて飲みやすい♪
木製なので保温性が抜群。なーんて素敵なコーヒーカップなんでしょう。
最後まで驚かされたわ。

新年早々、ステキなお店に癒されました。

紋別から浮島峠の長いトンネルを抜けると、驚くほどの雪景色。この時期当たり前の光景ですが、紋別があまりにも積雪がないのでそのギャップに驚いてしまった。
「トンネルを抜けると雪国だった」というフレーズがまさにピッタリ。

1月も1週間を過ぎてもまだ雪積もりません。こんな年なんて初めてです。
オーストラリアの大規模火災の影響があるのでしょうか?
草地が凍結で傷みそうです。