2020 1月 17日

キッチン

道内のとある牧場さんが言ってた。

「パーラーはキッチンである」と!

 

なるほど!と思った。
人が口にする生乳を生産する場所ですから、台所と一緒という概念。
しかし、牛はパーラーでも排糞や排尿もする。なれば、糞便があっちこっちに飛び散る。
数日、パーラー施設内の壁やパイプなどを丁寧に洗浄をせずに、そのまま放置していくと、汚れがどんどん加速していく。
勿論、搾乳機器類は搾乳のたびに洗浄するのですが、施設内の汚れは、手が足りないと毎日というわけには、
我が牧場ではいかなかった。
段々汚れて行くと、搾乳に対するモチベーションも下がって来るのを感じる。

 

昨年、11月から救世主登場!
息子の妻、Mちゃん、二人目の子供が保育所デビューを機に、パーラーの掃除を一手に引き受けてくれるようになった。
パーラー内の壁や床の高圧洗浄、ミルカーのクローの分解洗浄、搾乳用のペーパータオルの補充や搾乳機器の拭き掃除などなど。
春と秋の管理共励会の審査時の清掃状態が続き、搾乳に対するモチベーションもアップ。

確かに、築20年以上経過のパーラーは痛みが進んでいるけれど、いつ誰が見ても、綺麗に清掃されているというのは
よくわかる。本当にありがたい。力仕事なんてしたことがなかったようで、高圧洗浄機のガンを握り続けるということすら大変だったよう。
男性陣も、Mちゃんが掃除してくれるようになってからは、汚さないようにと気を配ることも覚えたようで、相乗効果?ですね(笑)
ともあれ、綺麗なのは本当に嬉しい♪

Mちゃんには、掃除の他にも、毎月の支払の振込、現金出納帳の帳簿管理などもやって頂いているので、私の重荷がどんどん軽くなって
楽させてもらっている。こんな日が来るなんて、思ってもみなかった。

パーラーはキッチン。
消費者に安心な牛乳を届ける使命をもってですね。

 


二日前の朝、3~4cmの雪が降った。
相変わらずの雪のなさです。それでも久しぶりの一面雪化粧の朝は綺麗だった。
来週明け、小さな雪マークの予報。どれぐらい降るのかしらね?