2020 2月 15日

仔牛運搬バケット

ある日突然、何やら大きな鉄製の箱が届いた。

しゃちょーが何を思ったのか?鉄工所に仔牛を運搬する箱の製作をいつの間にか頼んでいたらしい。

何で???今更???と首をかしげる私。

カーフハッチから育成舎への移動は、哺乳瓶でミルクを飲ませながら移動するのが、私の常。
未だかつて、しゃちょーにその作業を頼んだことは無い。
でもね、時々、ミルクよりも外に出た!という解放感が先に立つ仔牛は、哺乳瓶には目も向けず好き放題にどこへでも、
おだち走り回り、捕獲に難儀することもあり、その時はしゃちょーに応援を頼むのですが。。。。

どうも、それが嫌ならしい(笑)
という事で、しゃちょー自身がこんなことで絶対に呼ばれないように、絶対に仔牛が逃げずに移動できるものをと考えたらしい。

当然、私に相談すれば、「そんなもの、要らない!」って却下されるのは重々承知の上だから、相談なしに現物が届いたわけ。

せっかく、あるのだから使ってみた。


ショベルで運べるようにローダーに専用アタッチメント付きの箱。
仔牛が一度に4頭程運べる大きさ。

今回はペアハッチに3頭離乳した仔牛が入っていたので、今日は3頭の移動。
ハッチの前に箱を横付け、箱の扉は観音開きになっているので、ハッチと箱の隙間から仔牛が逃げることなく収納。

ちょっと大きいと飛び越えてしまいそうな感じもするけれど、なかなかの乗り心地のようでおとなしく移動。

さぁ~僅か100m程の移動で育成舎到着
今夜から新しい場所(育成舎)での生活が始まります。

カーフハッチから一頭づつ3往復する手間もなく、楽ちん♪

 

やっぱり、道具だわね~