2016 7月 29日

ブルーベリー摘み

今週初め、友人と一年ぶりの再会。
落ち合ったのは名寄市。

いつも食事をして一日をおしゃべりで過ごしてしまうのだけれど、
今回は短時間に沢山、名寄を満喫しようと調べて出かけた。

昼食は、やはりはずせない「食工房 おると」さん
なかなかディナーの時間には行けないので、ランチにディナーメニューをムリに予約お願いして頂く。ディナーメニューでも¥1,600!
デザートだけでもこのお値段の価値あり!というほど、非常にリーズナブル、しかも美味しいし、野菜の種類が豊富なのが嬉しいのです。

昼食を済ませた後、この日、偶然に今年の開園が始まったばかりという、
ブルーベリー農園の「サンベリーむらおか」さんへ。

サンベリーむらおか
おるとさんから車でわずかに5分ほど。
国道40号線沿いに この赤いステキな倉庫が見える。

入園料¥500、時間無制限で食べ放題です。お持ち帰りは100g¥200♪
開園は早朝6時!から夕方6時まで
9月いっぱいぐらいまで楽しめるとの事です。

サンベリーむらおか3
園内はバークチップが敷かれ、綺麗に整備されていて、
品種も7~8種類 粒の大きさも小さいものから巨大粒のものまで様々。

早速 小さなかごを持って摘み取りながら食べ歩き♪ 初体験です。

サンベリーむらおか2
まるで葡萄の房のように大粒のブルーベリーが鈴なり♪ 我が家の木とは大違い。
ワクワクしてしまいます。
味も同じ品種でも木によって多少酸味に差があったりして、もう、食べるのも摘み取るのも友人ともにもう会話もせずに必死 笑

大きい粒のばかり摘み取るとすぐにかごがいっぱいになってしまうので、小さい粒のも。
大粒のはなんと親指の第一関節ぐらいのもあるの。もうブルーベリーという可愛いもんじゃない感じよ。

ブルーベリー園の回りにはぐるりと色とりどりの花壇も整備され、花の観賞も同時に出来るのがイイです。
この日名寄は30℃近くまで気温が上がっていて 暑っいこと!
汗だくだくになりながら、果実を頬張る私たちは無我夢中。倉庫に戻ると冷たい麦茶をご馳走してくれました。
美味しくて楽しくて大満足。

さて次は名寄天文台へプラネタリウムを見に。
小学校以来のプラネタリウム

星座の説明ばかりでは無くて、今は天文に関するステキなストーリーが上映されるんですね。もうビックリ。
知人教えてもらった天体アプリも早速ダウンロードして夜空を眺めてみると、今まで只の一等星?ぐらいにしか思って見ていなかった星が、金星だったり土星だったりしてることが分かって、これまたさらにビックリ。私って天文に関して何も知らないで過ごしていた事に、損していた気分になりました。

北海道の星空はどこで見ても綺麗。
星座にまつわる色々な伝説を知りつつ、見上げる星空は格別でしょうね。
是非に夜に国内で公開されている中で2番目に大きいという、名寄天台の望遠鏡を覗いて見たいものです。

天体望遠鏡ピリカ
天体望遠鏡ピリカ
北海道大学の所有の望遠鏡なんだそうです。何だかよく分からないけれど、スゴく大きい。望遠鏡って筒状になっているのかと思いきや、これは違うようです。

北大が名寄の天文台で天体研究をしていて、週末の夜、一般にも公開し、覗いて見る事が出来るそうですよ。

是非、星空に目を向けてみたいこの夏です。