2016 11月 01日

泡茶会 道東編 その5! 「美森家」

泡茶会、最後の川湯の夜

10月1日にオープンしたばかりのベイカリーカフェ美森家
メンバーの友人だそうで、普段ディナーはまだやっていないとのことでしたが、閉店後ディナーを用意して待ってくれていた。

日もとっぷりと暮れ、辺りはもうすっかり闇に包まれている中、ステキなお店の灯りが見えた。

miriya

miriya2 miriya3
閉店後でしたので、残っていたパンはわずかでしたが、ステキなディスプレイのベイカリーショップ
白滝の江面さんが創ったヒンメリも♪ ステキです。

miriya4 miriya5
満面の笑みと両手を広げて迎えてくれたオーナーの渡邉明子さん。
ベイカリーショップとは別部屋にカフェスペースがあり、
大きな窓と茶色・オレンジを基調にした家具。落ち着きとやすらぎを感じさせる、温かなステキなお店

渡邉さんとも同席しながらディナーを頂く事に。
実は彼女、初めてあった私には詳しい事はよく分かりませんが、スゴい人みたい。
北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエ、ドリームマップ認定講師、加え共生会グループ総括副本部長という
肩書きをもっていらっしゃる。 東京農大(網走)のビジネスマナーの講師も務めていらっしゃる。

miriya6
miriya7
ヤーコンのきんぴらから始まり、たまねぎのピクルス
玉ねぎ丸ごと!シャキシャキ感がたまらなく美味しいの。ピクルス液は最高です。
色とりどりの野菜スープ。 ショウガが効いていて身体がホッとする美味しさ。

ここのオリジナルワイン 「和in」
miriya10
地元で採れたヤマブドウで作られています
渡邉さん、この和inでグラスの大きさや形によって、香りも味も変わることを伝えるべく、4つの様々なグラスを用意してくださり、
ティスティングをすることに。さて、私たちにその違いがわかるでしょうか?
いえいえ、友人の中にはかなりのワイン通がふたりも! 張り切ってティスティング♪ さて、このワインにあうグラスはどれでしょうという
質問に見事に正解した友人達。スゴいわ~。

miriya9
標茶の星空の黒牛ステーキ 名前がロマンティック
料理も進む中 ワインもスパークリングから白ワイン、赤ワインとどんどん進んでいきます。
昨日からの食べ過ぎで、料理も途中でギブアップする人もいましたが、私がその分をカバーしながら最後のデザートへ

このデザートのために パテシエがお店に戻ってきて作ってくれたのです。

miriya8

miriya12

タンバルエリーゼ というデザート
タンバルは太鼓(タンバリン)を意味する言葉で、薄く焼いたクッキーの器をそれに見立てて言うのだそうですよ。
その器にバニラアイスと苺とラズベリーソース、上には飴のネットがふんわり♪ エディブルフラワー(食用花)を散らしステキ!

ウエダパテシエさん、私たちのためにステキなデザートをありがとうございます♡

最後に、彼女の肩書きにもあった「ドリームマップ」についてお話してくださいました。

ドリームマップは目標達成するためのビジュアルツールらしく、夢を叶えるための地図のようなものらしいです。
詳しくは「ドリームマップ」で検索してみてくださいね。
夢はただ漠然と思っているだけは叶わないもの。
どうやって夢を現実に向けていくか、自分が夢を実現化することで、自分以外の回り(他人、地域や世界に)どんな良い影響があるのかまで壮大なイメージを描いていく必要があるようです。
なんだか、ドリームマップを作成するだけでもムリそうな気がしますが、実際に書いていってみると、自分の夢の意味が段々明白になってくるのかも知れません。
夢を叶えるって、結局ひとりでは達成できないこと。沢山の人から影響を受け、沢山の人が賛同してくれることで、意味ある夢現実に向かっていけるものなのかも知れません。

夢に、性別も世代も年齢も関係ないです。目的を持った夢は生きる原動力ですね。
miriya11

渡邉さんの表情は、活き活きと輝いているし、揺らぎを感じません。
ステキな渡邉さんの笑顔は忘れられない。
美味しいお料理の数々も本当にご馳走様でした。

泡茶会っていつも、深い人との繋がりがあって、勉強になったり心の栄養にも。

温泉宿に戻って・・・日本シリーズ最終戦をテレビ観戦!
日ハム!見事な優勝!
そして、メンバーはばったり布団に倒れ込み爆睡

翌朝は釧路空港まで戻り、おのおの自宅を目指して帰宅。
本当に何もかも満腹状態がずーっと続いた今年の泡茶会。
来年(一応)の開催は、留萌で! どんな出逢いあるんでしょう 楽しみです。

 

コレにて 泡茶会道東編、終了~!

 

ふぅ~ 流石に書き疲れたわ。
皆さん、お付き合い下さいましてありがとうございました♪