2016 11月 26日

ニュージーランドから

連日、忙しいです 笑

今月上旬より給与開始してみた高栄養発酵繊維「ファイバースタート」のファイバーフレッシュフィーズ社の本社がある、ニュージーランドからジェナラルマネージャーのボブさんと北海道支社(札幌)代表のネイサンさん、さらに営業の紙谷さんの訪問を受けた。

ネイサンと紙谷さんは先月の講習会で一度お会いしていた。

まだ給与開始して3週間

まだ何も効果とか変化は見られないと思うのですが、現状を見て頂いた。

ボブさんにはニュージーランドの冬とは違う北海道の寒さの現状を体験し(まだ序の口の気温ですが)、屋外のカーフハッチでの飼養状況など見て頂く事で、ファイバースターの給与法など北海道オリジナルを思考してもらいたかった。

例年より気温の下がり具合が早い11月。きっと牛も寒さへの準備も整わないウチのこの寒さ。
こんな寒くなってからの給与開始に挑戦ということで、流石に私もニュージーランドでの給与法に沿っては出来なく、少し最初からアレンジしての開始となっている。それでも、まだエネルギー不足は否めない感じです。ミルクの増量も必須と思われる。

それでも離乳直後のアシドーシス気味の仔牛にも給与してみたところ、改善が見られ乾草の食い込みも順調の様です。

%e3%83%9a%e3%82%a2%e4%bb%94%e7%89%9b

 

現在、生まれたばかりから給与開始しているのは、まだ1頭だけとう現状。現在生後10日ぐらい。
まだ何とも言えない。

ミルクの増量とファーバースタートの食い込みの工夫 試行錯誤が色々と必要ですね。

この冬は一段と仔牛の発育に目を凝らしていかなくては。

それにしても、寒い所で健康に牛を育てるということは、本当にお金がかかります。
将来 キチンと回収できる牛に育てたい。

 

乗りかかった船。なんとか成果ある航海にしたいものです。

 

たむら牧場・・・・なんだか 色々な試験牧場みたいになっている・・・・

でも、色々な人と出逢い、情報を得ながら新しい事にトライしていく元気がまだ自分にあることに
喜びを感じながら楽しく酪農して行きたいですね。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ba%e7%a4%be
右がボブさん、左がネイサンさん。

訪問のため早朝札幌から車で・・・ありがとうございました。