2017 7月 26日

Iam a Monkey

やっと爽やかな北海道らしい夏の気候になりました。
23℃ぐらいがちょうどイイ。

でも週末4日間ほど雨予報
紋別は港まつりの期間中です。花火・・・大丈夫でしょうか?
もう、花火大会は随分と見ていないです。

 

さて、今日の本題。

「おサルのお尻はなぜ赤い?」なんて言いますよね。

何故なんでしょうね?知っていますか?

ふと、気が付けば、我が家にもおサルさんいました(汗
もう、ビックリしちゃった。

まるで、おサルさんのお尻のようです。
酪農家さんなら、何故、こんなになっちゃうのかわかりますよね?
へっ?わからない?
それは、素晴らしい哺育している方です。

長期的に下痢をさせると、お尻に下痢の糞で濡れ被毛が剥げてしまうのです。
健康な便は弱酸性、下痢便は強アルカリ性になっているので肌に触れると刺激が大き過ぎて剥げちゃう。
ほら、人も下痢をするとお尻がヒリヒリするのと同じなのです。

今はすっかり下痢も治り元気になっているのですが、まさかこんなことになっているとは全然気が付きませんでした。
いつも前から哺乳しているので、なかなか真後ろを見る機会がなかったんですね。
ホント、可哀そうなことしました。

確かに、生まれ落ちが小さく、弱く、加えこの猛暑で体調を崩し、治療はしていたものの暑さで、完治に時間が掛かってしまったのです。
この牛 ♂。 売りもの。
見栄え悪し・・・・
毛が生えそろうまでは時間が掛かるし、このまま出荷に・・・
でも、元気なんですよ!

それなりで、いいので買って下さい!

Iam a Calf !