2017 12月 13日

女子会

昨日、我がJAの酪農連絡協議会の主催で「PAGs検査」の講習会が開かれた。
しゃちょーがこの連絡協議会役員なので講習会に参加し、私は留守番だった。

この講習会にはPAGs検査を実施しているIDEXX社から小山亜紀さんが講師として、
そしてもうひとり、このPAGs検査の取り組みを足寄でしているハードサポート(株)の久富聡子さんも講師として紋別に来られた。女性講師がダブルでという、滅多にない華やかな講習会。

お二方とも、先日札幌で開催された「酪農女性サミット」に参加されていた方。
サミットの懇親会の時 協賛している企業の紹介のコーナーがあって
その時、IDEXXの説明をしていたのが小山さんだったことを自分がたまたま撮った写真を振り返って見て知った。

懇親会の時は漠然と画像に写っている牛の手ぬぐいがいいな~、アレ欲しいわ~と見ていて、小山さんのことは全く覚えていなかったのです(失礼な話でごめんなさい)
それだけ、牛の手ぬぐいが印象的だったの(笑)

講習会から帰宅したしゃちょーが、この手ぬぐいがこの講習会で配られたそうで持ち帰ってきて、私ビックリ。

夜、久富さんも小山さんも紋別泊まりということで、地元の女子普及員さんと食事会を4人ですることに。
講習会に参加していなかった私のためにプチ講習会みたいに色々と質問をしたりしてお話を改めて聞けて良かった。
講習会後にゆっくりと講師の方とお話出来ることもなかなかないですし、何といっても女子4人のみ。すべて酪農関係者ばかりですので話が楽しくて、プライベート話まで尽きることがない。講師お二人とも素敵な方々。
気が付けばもうタイムリミットのシンデレラ時間。外は荒れ模様になりつつもあり慌ててお店を出たら、携帯置忘れ・・・ 代行さんにお店まで戻ってもらう羽目に・・・そそっかしや~です。

でも、本当にゆっくりお話し出来て良かった。

PAGs検査は繁殖効率を上げ、生産を上げることに直結する検査になり得ます。現在、北海道酪農検定協会で検査料の半額を助成していくれているので、これを機に早期の繁殖改善を目指すアイテムとして取り組んでみてはいかがでしょうか?
もう、個人でこの検査を出来るキットも販売されレクチャーもして頂けるそうです。
乳房炎検査のオンファームカルチャーと同様、繁殖管理のさらなる迅速を求めることも出来る時代に突入ですね。
農場自体のラボ化がこの先、もっと進んで行くのかもしれません。