2017 12月 25日

預託牛

今日はクリスマスですね。
我が家はクリスマスの「ク」の字もない25日(笑)
今日は午後から気温急上昇の上、強風が吹き荒れています。

気が付けば、随分とサボっていたブログ更新・・・
やっと気を取り直しました。

4日前から、初産牛を3頭預かることに。
来年3月に新牛舎を稼働するご近所の牧場さんの牛です。
移動前に牛舎から溢れる牛を、一時的に預かることになったのです。

初産の牛で、すでに授精も終わっている牛が3頭。
繋ぎ飼いの牛ですので、フリーストールでの生活はこの牛達にとっては初めての体験。
泌乳後期グループに入れたとたん、既存の牛たちが寄ってくるは寄ってくるは・・・
新参者がやって来たとばかりに、興味津々。
加え、コンクリートの床を歩いたことが無いので、おっかなびっくり状態で歩くワケで・・・
私たちも転ばないかと冷や冷やもので、落ち着くまで遠巻きに注視。
3頭のうち1頭は、環境の変化に啼くこと啼くこと・・・・やっぱり帰りたいですよね~

その夜、すぐにパーラーでの搾乳。
何とか、見慣れない怪しいパーラーの中へも他の牛に押されるように入って来て、どの牛も肢も上げず、おとなしく搾乳させてくれた♪
まずは一安心です。


この白ちゃん、3頭の中で一番最初にリラックスして馴染んで、パーラーにもトップグループで入ってくるようになった。
ストールで横たわる姿も板についてます(笑)


3頭ともとても人馴れしていて、中でもこの牛は特に人に慣れているの
見ず知らずの私にでも近寄ってきて、顔を撫でて欲しいのか・・・顎を撫でてあげるととても喜ぶの
3頭とも本当に可愛がられて育って来たことが良くわかる。


この黒ちゃんは、コンクリートの床を歩くという肢の筋肉が弱いというか慣れないせいなのでしょうね、歩く様子にいつもハラハラさせられます。転ばぬ先の杖で肢バンド装着中。


3頭とも綺麗にバリカンで刈られているすっきりと綺麗な尾っぽ


長い尾をちゃんと身体の下にまいて寝る偉い子です。

ウチの牛達と比べると、不思議と顔つきがやはり違うの。
とても小顔なんです。

ともあれ、ひと様の牛を預かるというのは、同じ牛でも何故か緊張度が格段と増しますね。
ついついあの3頭はどうしているかしらと、真っ先に探してしまいます。

新しい牛舎はフリーストールでボックスロボットでの搾乳らしいので、この牛たちはその牛舎に移行するときは、フリーストールを体験済みなのできっと未体験牛たちの良き模範先生となることでしょうね。

およそ3か月の間、事故無く無事にお返し出来るよう私たちも気を付けなくてはなりません。

今年も後1週間です。
年末年始の準備に取り掛かります。

とりあえず・・・・

HAPPY CHRISTMAS ♪