2018 2月 24日

寝相アート

今日は産まれた赤ちゃんの、初の寝相アートで記念写真を撮るため、夫婦で作成に取りかかっていた。私は、その様子を赤ちゃんを抱き抱えながら微笑ましく眺めていた。

お題は「お花見」
リビングいっぱいに若草色のシーツを広げ、色々な小道具が家の至るところから集められ、あっと言う間に、寝相アートの準備が整った♪

息子は一眼レフで、ママさんは携帯、私も隙間を縫って、、、シャッターの嵐(笑)
赤ちゃんが泣こうが、お構い無しでしばらく、お花見セットにお祝いに頂いたと言うピンクの真新しい洋服を着た孫のベビーフォトを楽しませてもらったわ。

私達の時代にはこんな事をしてみるなんてなかった。
写真の整理さえろくに出来ず仕舞いだった。
ママさんは毎月のように、アルバム代わりに20枚程のフォトブックをコメント付きで作って残しているマメさです。

この孫が大きくなって、この写真を見たとき、きっと両親の愛情とマメさを実感するに違いないと思う。

自分の息子を自慢するわけではないけれど、長男といい次男といい、本当にイクメンだし夫婦共に協力し合って育児に向き合っている姿に正直驚きます。
自分達夫婦を遥かに越える姿を、二回のお産扱いを体験して来た中で感じました。

親としは、温かい家庭を築いていることに安堵の気持ちでいっぱいです。

私のお役目も、もう後数日で終わり。
帰宅後は孫から転換して、牛達のお世話に励まなくては。
しゃちょーもかなりお疲れのようですし。

昨日、孫が車好きなのもあって、交番の横にパトカーが停まっていたので、警官に頼んでパトカーを近くで見せて貰いました。
記念に一枚♪

私、初めて交番に入ったわ(笑)