2018 8月 08日

ブルーベリー狩り

今年初めての日帰りのお出かけかもしれない。
やっと、時間を作ってしかも友人を誘って、名寄まで(車で一時間半)ブルーベリー狩りに出かけた。

3年ほど前にも一度行ったところ。

「サンベリーむらおか」
午前9時半現着。朝6時頃から開園しているとのことですが、私たちの他にだーれも居ません♪
広ーい園内は貸し切り。
オバちゃんふたりは、「さぁ~採るぞぉ~!!」テンション上がり気味(笑)
日焼け・防虫対策、お腹の整腸対策も(笑)万全。

入園料¥700。時間無制限の食べ放題。摘み取り持ち帰りは100g250円。

何と、当日は1キロ以上の摘み取りのお買い上げだと、入園料が全額キャッシュバックのキャンペーン中とのこと。
私たち、1キロなんてそんな少量の摘み取りではないので、またまたテンション上がります。

ひと籠、1キロちょっと入るそう。
こんなちっちゃな籠・・・・と思っていましたが、結構ひと籠摘み取るのに時間が掛かること。
園内には20種類ほどの品種があり、味見をしながら、出来るだけ大きな粒のものを。。。と、最初はそう思って摘み始めたのですが、性格ですね、段々とどうでも良くなってきてしまう私。
取り合えず、気温もどんどん上がっていくので、時短で合理的に摘み取る。

あまり摘み取られていない樹は、まるでブドウの房のように鈴なりになっている。
品種によって、甘さも酸味も食感も大きさも様々。同じ樹でも粒の大きさの違いによっても味は異なるし、同じ品種でも樹が違うとまた味も違ったりと、食べ比べの贅沢さを満喫。
ブルーベリー自体は日本で200種類ぐらいあるのだとか。

ここの園主、70歳代ぐらい。結構毒舌なんです。
園主にどこから来たのさ?って、聞かれ、紋別からはるばると答える。
そうしたら、一番お得なこと教えてあげる!っていうの。
「今、1キロの摘み取りで買い取ると700円戻ってくるから、この籠、1杯だけ摘み取って帰るのが一番お得で、このキャンペーン中、毎日来るのがさらにお得さ!」と、ニヤリ顔の園主。
「なるほどね~ でも、毎日このひと籠のために来られないから、私たちがおじさんにたくさん儲けさせてあげるから、大丈夫!」と私も、どや顔で答える。

せっせと、私たち、なん籠も摘み取っては会計に持っていくと、園主さんに、もう紋別さんは摘み取るの辞めてください!って言われちゃった。
だから、儲けさせてあげるって言ったでしょ!とニヤリ顔で言い返す私(笑)

と、こんな嫌みのない会話を出来る園主のおっちゃんとのやり取りも楽しいのです。 オバサンになるとホント口が減らなくなりますね。

摘み取ったブルーベリーをその場で、孫たちに地方発送してもらって、残り3キロほど、持ち帰ってきました。
そのまま生で食べたり、冷凍保存、ジャムにして満喫。

こんなに一度にたくさんのブルーベリーを普段買うことも出来ないし、もちろん食べることもないので、贅沢なブルーベリー狩りでした。
友人も大満足。およそ二人で10キロ近く摘み取った感じでした。凄い。そりゃ、園主も驚くわね。

それでも、最後に園主、「また来年も来てよ~」と手を振って見送ってくれたわ。

帰るごろには、駐車場は満杯になるほどの来園者で賑わいに。滞在時間1時間半。楽しかったブルーベリー狩り、9月中旬ごろまで開園しているそうなので、是非にみなさんも楽しんでみてください。