2018 10月 30日

フレミズさんの視察受け入れ

10月に入って、お会いできますか?視察お願いします。の問い合わせが急に多く、ちょっとびっくり。
どうしても都合がかみ合わなく、お会い出来なかった方もいらっしゃり、ごめんなさい。

という事で、ご褒美旅行から帰ってきたとたん、忙しいです。

今日は、隣町の興部町から若い酪農家グループのフレッシュミズの方たち10名が視察に来られた。
視察日が決まって、フレミズの会長さんから連絡を頂いた。
実は・・・本当に恐縮なのですが、お願いがあるんですと・・・・
何でしょう?と思いきや、「お昼ご飯をいただきたいのですが」というご要望でした(笑)
最初からランチも希望されることなんて初めての事。いつもは、用意するね。とこちらから打診することが常でしたので。
勿論、喜んで!ということで、ランチの用意もしてお迎え。
今回のフレミズさんの中には2名、過去に視察に来られ、一緒に食事をしたことがあった経緯もあってのことなんでしょうね。
何だか、ちょっと嬉しいことです。

加え、史上最高に個性豊かで賑やかなメンバー。
もう数年前から我が家に来たいと切望していたMちゃん、直近になると子供が熱を出し計画倒れの繰り返しだった。とうとう念願?の訪問となり、
対面するや否やテンションマックス。牧場は賑やかな声に包まれた。
しばらく、こんな黄色い声を聴いたことがなかったわ、としゃちょー共々思った。

風が強く、小さいお子さん連れの方もいらして、早々に牛舎の見学を終え、ランチタイム。
ハロウィンの前日とあって、ちょっとハロウィン仕様の飾りつけも施した。
お料理は特段ハロウィン仕様ではなかったけれどね。
自分たちを含め12名分のランチは結構大変。前日から下ごしらえや作り置き。デザートの準備。食器もあっちこっちからかき集める。

勿論、大人数なので処理室ランチ。
視察者からパーラーの処理室なのに、全然臭くない! どうして?なんて質問されたけれど、わかりません(笑)
しゃちょー、鼻が慣れただけだ!と諭してましたけれどね。

本日のメニュー
大皿料理・・・「柿とモッツアレラのフルーツサラダ」・「カボチャのトマト煮込み」・「ジャガイモとベーコンのハニーマスタード炒め」の3品

ワンプレートで、グリーンサラダ・人参と生姜のラぺ・きゅうりの旨だれ漬け・黒米ご飯・タンドリーチキン

エノキと椎茸のスープ。
デザートにコーヒーと栗のロールケーキモンブラン風

以前ブログにのせたものと同じ
以上♪ ほぼ野菜中心メニュー。
ひとりで格闘していたので、視察者から写真を提供していただきました。ありがとう。

ランチタイムも益々賑やか♪
皆、良くしゃべりまくります。しゃちょーはおかしくて仕方がない様子。ホント楽しかったわ~
お料理も全く残さず、食べてくれた♪


最後に撮った集合写真。
楽しかったことが伺える最高の笑顔♪ 嬉しい!
気が付いた!若い人のピースサインと年寄りのピースサインの違い。
指の反り方が全然違うわ(笑) 年寄りは指が反れませ~ん。指が前かがみぎみ。今後気を付けよっ。

たむら牧場のフリーストールも20年以上、育成舎に至っては旧牛舎なので50年近い古い建物。中はまるでお化け屋敷の様だし、いまだに哺育施設も屋外のカーフハッチ、ホント目新しい施設・機械・技術は何もないの。
酪農経営や施設はみんなの方が、はるかに最先端を行っているはず。
でも、酪農を楽しんでいるように?(ホントは苦しいけど・笑)魅せることは、かなり自分なりに努力を惜しまないようにしています。
そうしないと、人と出会えない気がするんです。
お金も人も、綺麗なところに集まってくるそう。 これを肝に銘じて日々努力なんです。 勿論だらけまくりの時もありますが...
そんなことを感じてくれればと、最近の視察は食べておしゃべり重視です!

それにしても、明るいフレミズさんたち♪ きっと楽しい酪農生活を送っているのだと嬉しくなった。