2018 12月 18日

小樽夜散歩

昨晩、夕食後7時頃から、孫の面倒は休みの息子に任せて、ぶらりと夜の小樽運河へ散歩に出かけてみた。
運河までは歩いて20分ほど。 のんびりとちょっと遠回りして小樽の一番の観光所のメルヘン通りを通り抜けて運河に向かった。

午後7時ともなれば、日中あんなに観光客で賑わっている通りも、お店の殆どが灯りを消し閉店してしまっていて、なんとも寂しすぎる街並みに変わってしまっていた。
ひと通りのない通りをぶらり歩きながら、2年前とは少しお店も変わっているところもあり、あ〜このお店のキャッチフレーズがちょっと変わっているなんてことなど、発見しながら楽しんだ。
あの「オイコラ駐車場」の名前は今も健在だったわ(笑)

小樽運河は11月から夜のライトアップが始まっていて、夜10時半までブルーライトのイルミネーションが綺麗というので。
昨日は日中気温が上がって、降り積もった雪もかなり溶けた状態で、少し幻想的な印象からは遠かったけれど、散歩するには暖かくて好都合だった。


写真は携帯撮影のもで、私の一眼からは携帯にデーターを送れないのでご勘弁。

暖かいせいもあってか、夜でも夜景をバックに写真を写す観光客で賑わっていた。
私も一眼を持っていたせいで、立派な一眼を持った海外の観光客に写真を撮って欲しいと頼まれりしたわ。
一時間ほど運河で写真を撮りながらのんびり。21時の気温でもまだプラスの1・6℃と表示されていたほど、暖かった。

さて、帰るにはまだちょっと早いと思い、どこかでワインバーでも寄って、ちょこっと飲んでから帰ろうと思った。
携帯で検索して、帰宅途中にあるワインバーを検索。

「HATAKENONAKA」という、わずか10席ほどの小さなワインバーを見つけた。
小さな路地。看板も良く見えなかったけれど、ガラス越しにワインボトルが並んでいたので、ここかしら?と思い扉を開けた。
あ〜ら、誰もお客さんなし。貸し切り(笑)
いつぞや、すすきので初めてバーデビューしたときも、貸し切りだった。


でも店主はとても気さくで話やすく、笑顔が素敵な31歳 あ〜ら、息子と同じ歳! しかも 名寄出身とあって、ガリンコ号に乗ってカレイ釣りしたことありますよ!などと親近感が湧き、おしゃべりに事欠かなかった。


ワインリストを見て、せっかく小樽に来たのだから、小樽のワインでと、「OSA WINERY」のロゼから
美味しくてビックリです。
自家燻製チーズの盛り合わせを添えて・・・

二杯目、イタリアの赤ワイン。
ボトル注ぎ切りとあって、サービスしますと普段の1・5倍ぐらい量を注いでくれ、お得感いっぱい♪ラッキー♪

毎日でも通いたい居心地の良いお店でした。

お店に入る前は雪も降っていなかったのに、お店を出る頃には、大粒の雪が舞い降り、その中をまたテクテクとほろ酔い気分で、上機嫌で小樽の夜散歩を堪能して帰宅。

大人の夜散歩最高です♪