2018 12月 30日

平成最後の晦日

いよいよ、晦日。
今年もあと一日となりましたね。
年始向けての準備に大忙しの事と思います。
今日は雪降りの悪天候ではありますが、風は弱く穏やかに降っています。

インフルエンザの家族もやっと回復、普段通りの生活に戻れ、続けて発症するひとも見受けられず、何とか全員揃って年末年始を迎えられそうです。

昨日、とってもフォトジェニックな羊羹の贈り物が届き、驚かされました。


その名も「jazz羊羹」
ピアノの鍵盤に似せた、余りにもフォトジェニックなオシャレな羊羹なんです。



コーヒーや赤ワインにも合うようにと作られたという羊羹で、ワイン漬けの大ぶりのイチジクもたくさん入っている逸品。
食べてしまうのが勿体ないと思うほど。
羊羹好き、写真好きな私にとってはあまりにも嬉しすぎる贈り物に、今年一年をHAPPYな気持ちで〆ることが出来ました。
ありがとうございました。

平成最後の年末。
振り返れば、やはり今年も色々と盛りだくさんな一年でした。
たむら牧場&福社長にとっての12大ニュース挙げてみた(月を追って)

1月、初めて開業獣医師のコンサルを受けて、飼料設計と繁殖検診を実施。月2回の検診もあっという間に繰り返され1年経過。
乳量成績が10000kg弱から10900kgまでアップ。繁殖障害で淘汰される頭数がかなり減ったものの、通路が築20年とあってコンクリートの溝が丸く浅くなり、滑って起立不能で廃用となる事故が増え、至急対策を講じる必要性が明確となった。

2月、次男夫婦に第2子誕生。極寒の2月を牛、しゃちょーを顧みず愛知にお産扱いに3週間出張する。私にとっては寒さからの逃避行とあって、この上ない極楽だった。

3月、搾乳従業員が辞め、完全な夫婦二人酪農がスタート。17年振りの従業員不在にやっていけるのか?と不安もある反面、気楽さもあり、後は気合で乗り切ると覚悟(笑)

4月、浜頓別へ酪農講師として講演 人生2度目。慣れていないため時間配分の下手さがね。

5月、異常に好天気続きの5月。デントコーン播種も早くから始まり全戸順調に終えることが出来たが、いささか雨不足。

6月、5月とは打って変わって低温続き。10日より1番牧草が始まったものの雨続き。今年もまたロクなサイレージ調整にならなかった。雨が降らなくとも低温と日照不足で発芽したデントコーンは生育が止まる。

7月、市議会議員選挙の年、我が町内会から候補者が出たことから選挙一色の毎日だった。後半は猛暑。1週間ほど暑さが続き、仔牛の熱中症に翻弄された。

8月、毎年恒例のもんべつ農業塾を開催。 今年も大盛況でしたね。

9月、まさかのブラックアウト!胆振東部地震による停電、丸二日。酪農現場は大混乱。しかし、星空の美しさに魅了されたことも事実。 

10月、初の東京、姫路旅行。色々とハプニングもあれど実に楽しい思い出深い旅行となった。

11月、愛知から次男一家が就農するために引っ越してきた。 思いも寄らないこの現実にあたふたした私たち(笑)

12月、再び福社長の長期出張♪ 長男夫婦に第2子誕生ということでお産扱いに3週間不在。今回は次男という最強助っ人がいることから、大船に乗った気分で留守にすることが出来た。

しゃちょーは何といっても今年は、3軒共同での新牛舎建設に向けての構想の練り直しや話し合いに明け暮れた一年だった。やっとこの年末に話が通り新規事業へのGOサインを貰えたとか。
順調に事が運んでも稼働は3年後になりそう。
まだまだ先の話です。

たむら牧場としても、まだまだ3年後に向けて少しずつ、準備を進めていかなくてはなりません。

さて、どんな酪農の未来が展開していくのか想像も付かないけれど、夢を膨らませて行きたいと思います。

今年一年本当にお世話になり、ありがとうございました。
来る年も皆々様にとっても、明るい一年でありますように。