2019 3月 28日

まんぷく

NHKの連続テレビ小説「まんぷく」
もう今週いっぱいで最終回を迎えますね。
ほとんど見ることがないけれど、今回の内容だけは知っている私(笑)

テレビの話題とは関係はないけれど、ふるさとの街歩きに続き、興味のあるお店での食べ歩きを実施してきた。

帰省のたびに行って食べたいと思っていたお店。今回は多分35年振りぐらいの訪問になる。
にじます専門料理店「松久園」
創業は昭和36年というので58年にもなる老舗です。
良く父が特別の来客があったりすると、ここへ連れてきてくれ食べたものです。
小さいながらにも、ニジマス料理の美味しさは忘れられなかった。
大正7年に住宅として建てられた建物がそのまま、今も使われている。私の記憶に残る佇まいと、なんら変わっていなかった。

店内は椅子席に代わっていたものの、ふすまや床の間は以前のまま。
小さい頃はもっともっと広く感じたものだけど、大正時代の素敵な和室。
11時の開店に入店したので、私ひとり貸し切りだったわ。

ニジマス料理3品の紫陽花御前で。
一品目 「あらい」
ニジマスの切り身を湯通しして冷水で〆たもの、生臭さもなくプリッとした食感が美味しい一品。酢味噌に付けて頂きます。

私の一押し。ニジマスのから揚げ
一尾丸ごとのから揚げに、野菜たっぷりのカレー甘酢あん
どうして、こんなにサクサクにから揚げに出来るのだろうと思う程にサクサク。
コレコレ、この味!と思うわず声が出てしまいそうになるぐらい美味しい。
味は昔のまま・・・念願叶ったと感無量になってしまう。

3品目は塩焼き。淡泊なニジマスに塩の旨味が生きる。
自家製手打ちそばが付いてきて2000円ほど。
満足して、お店を後にした。夏はつつじやバラが咲き誇る庭園も見どころです。

朝ご飯抜きで哺乳・育成の給餌を済ませて家を出たので、コレが朝食分。
ニジマスも昔に比べると随分と小ぶりだったように思えたので、お腹の隙間はまだまだ空間がいっぱい。ということですぐに2件目、2年ほど前に開店したばかりという街中にある小さなカフェ「四つ葉アパート」というお店へ

お昼時とあって、若い女性客がいっぱいだった。
ひとりとあって、窓辺のカウンター席へ案内された。
奥のテーブル席はなんだか居心地が良さそうな感じでしたが、私の席からでは良く観察出来なくて残念。

お目当てのワンプレート+コーヒー
少しずつ野菜中心のご飯少なめのプレートは本日2食目には丁度良かった♪
添えられていた細い塗り箸が、意外と使い勝手がいいのに気付いた。
私の普段使いの箸も細めに変えてみようかと思う気になったわ。

友人との待ち合わせまでまだ少々お時間が・・・ということで
デザートでも食べて時間をつぶしをと思って3軒目

車で移動すること数分。すぐに広大な畑が広がる。
そこで大野ファームという畑畜兼業農家さんが営むカフェレストランがある。
「COWCOW Village」
シンプルな建物だからこそ、広い十勝野がどの席からも見渡せるステキな店内だった。

オレンジと黒の椅子が印象的な広い空間。
可愛らしいスタッフさんがメニューを持ってきてくれた。
ここで、私の中で問題発生。
只今ランチタイムですので、この中からお選び下さいと・・・
現在午後1時半。ランチタイムは2時まで。
ランチメニューにはデザートメニューは無しということがわかった。
私、ちょっと冷や汗。いえ、かなり青ざめた。
メニューは牛肉を使ったステーキやハンバーグが各種たくさん。
しかもどれも値段もいいけれどボリーミーな感じ。どのメニューにもコーヒーとソフトクリームが付くとのこと。
そういうことか・・・下調べ不足の自分を恨んだ。
私は軽くパフェなどの冷たいデザートを食べる気でした。。。。
仕方がなく、一番安くて量が少なさそうなものと苦渋の選択がロコモコ。

すでに2時間で2食フル完食しているうえの追い打ちの一食が重いメニュー。
でも、美味しそう♪と思い食べ始める。

食べ進めて行くうちに、美味しさなんて吹っ飛び辛くなるだけ
ランチ3軒は軽く食べられたころが信じられないと思う自分に苦笑い。
食べ残すなんて出来ないので頑張ったわ。ご馳走様でした。
この3軒で今回の目標達成!

次いで、高校時代の同級生の努めるお店でちょっと立ち話をして、今まで行ったことがなかった帯広美術館へ脚を運んだ。

アール・ブリュット 初めて知った言葉だった。
何らかの障害を持つ人たちが描いたり作ったりした芸術作品。
芸術という技術の知識や技術を習得しないひとたちが、本来の自分から湧き出てくる感性の赴くままの作り上げた作品、生(き)の芸術という分野をさす言葉らしい。

初めてこの言葉の意味を展示室の入り口で知り、展示室の中へと脚を進めた。

ココで作品を紹介出来ないのは残念だと思う程、多岐にわたった感性の表現に驚き、目を見張ってしまう。
いくつもの色を塗り重ねた作品、文字の羅列の作品、チケットにプリントされたような細かい繊細な絵、一定の形や物に拘った絵、不思議な切り絵、素晴らしい色彩感覚の絵などなど、凡人には到底発想しえない芸術の世界が繰り広げられていた。 健常者を中心に見てしまうと障害者というカテゴリーに分けられてしまうけれど、こころに秘めた感性は、健常者のほうが障害者と言えるのかもしれないと思った。 副題に「こころとこころの交差点」と記されてある。
なんて素敵な表現だと感じた。障害者と健常者のこころの交差点・・・
私はその交差点を渡ることが出来たかはわからないけれど、少なからずともその交差点を知る機会に巡り合えて良かったと思う。

おなかもこころも「まんぷく」

因みに、夕方5時半実家の両親と夕食で焼肉を食べる羽目に・・・
僅か6時間の間に四食、明日から節制必須
でも、伸びた胃はそう簡単に縮まないことは良く知っている(笑)

まんぷくまで食べるという、食欲や食事の量をコントロール出来ずにいると、脳の萎縮に繋がり認知症を招くそうですよ。気を付けましょう!