2019 7月 14日

川島旅館

10日のお宿は豊富温泉街の川島旅館
3年前にリニューアルされた小さな旅館です。
すでに出発して12時間。日暮れが迫る時刻。

駐車場から旅館に向かうエントランスを、まるで私を導くかのように先を歩くのら猫ちゃん。ちょっと嬉しい歓迎だわ♪ありがとう!

旅館内は素足で・・・板の間が気持ちいい
あちらこちらに読書スペースがあり、子ど向けから大人まで幅広い本がたくさん。こじんまりと何とも落ち着く空間。

客室にはトイレ、洗面所がなく、共有。不便かと思いきや意外と不自由を感ぜず、宿泊者との顔合わせがアットホーム的。

私の部屋。
ステキな扉です。各部屋に名前と植物などのレリーフが貼られている。
「福永」偶然過ぎる、私にうってつけの部屋名に益々わくわく感が溢れてしまう。

まるで額縁のような窓。ほのかなハーブの香りがするお部屋。
思わず深呼吸してしまうほど、いい空気が満ちている。
狭いながらもとても居心地の良さが満足感を与えてくれ、私の小部屋にしたい!
スツールの柄も扉とお揃いという、素敵さ。

余市、平川ワイナリーの「孤独」を意味するソリチュードをチョイス。
ピュア感と芯の強さをもったエレガントな辛口ワイン。
ふぅ~美味しい~ グラスも素敵だけど、ちょっと飲みずらいの(笑)
段々と夜へとフェイドアウトする外を眺め、一日の行程を振り返りながら夕食をまったりと頂く。お料理は余り手をかけ過ぎないシンプルなコース料理。

食後、早速豊富温泉ならではの鉱油が浮く温泉に身を沈めくつろぐ。
湯上りに化粧水をつけても染み込まないの。温泉の油分がしっかりと身体をまとっているせいかしらね。アトピー性皮膚炎に効能が高いとあって、全国からこの豊富温泉へ湯治に来たり、移住するひとも多いそう。

宿泊者に湯上りにどうぞ♪とサービスしてくれる温泉プリン。
卵を使っていない牛乳プリンなのですが、プリンの上に2cmほどのクリームのソースが驚くほど美味しいの。おすすめの「塩」味。美味し過ぎます。
他に、醤油、紅茶、抹茶、などのフレーバーがあり、好きな味が選べます。

プリンを気に入ったブックスペースのソファーに深く腰掛け頂く。興味のある本をめくりながらスペースの消灯時間10時まで読書タイム。自宅では本を開いただけで睡魔が襲ってくるのに、眼が冴えている自分にびっくり。こんなことも私にとっては非日常的な過ごし方なんだと、改めて思う。

翌朝4時にまた再び温泉に浸かる。誰もいない貸し切り露天風呂♪早起きの特典ね。

朝食はシンプルだけど、ちょうどいい。ご飯茶碗はたくさん中から好きな器を選べるの、この心遣いが嬉しい。さっそくお気に入りのものを見つけ、玄米ご飯をよそう。

川島旅館のオリジナルバター。そのラインナップがスゴイ。
味噌、山わさび、うに、ハスカップ、イチゴ、蜂蜜、6種類全部試食。
あら!なんて美味しいんでしょう! 味噌、山わさび、うにバターはご飯や豆腐などの和食に合いそう♪

朝食もたっぷり食べ、旅館を出発。
本当ならばゆっくりあと半日、ぶらり旅を続けて帰宅したかったのですが、翌日には視察が入っていてその準備のために、一目散に帰宅。
短いレフレッシュ休日。それでも充分満足。

さぁ、次はいつどこへ行けるかしら?

宗谷丘陵、白い道、本当におすすめスポットです。