2019 9月 14日

朝里川温泉

9月の台風15号の影響で真夏日となった北海道。台風が去って「なつぞら」から「あきぞら」に一転したような当たり前のこの季節の気候となった。
そんな中、小樽の孫の3歳の誕生日を祝うために珍しく夫婦で出かけた。
誕生日は小樽から30分ほどの朝里川温泉で皆で一泊することに。
孫にとっては初の温泉お泊り。

孫のいつもの食事の時間に合わせて、夕方5時に食事開始ということで、こんなに早く夕食を希望する宿泊客は他におらず、レストランは貸し切り(笑)
ある意味、周りを気にせずに食事が取れて良かった♪
こども用プレートは孫にとってはワクワク感いっぱい。一番最初に口にしたのはエビフライ!わかるなぁ~その気持ち♪
3年って本当にあっという間。おむつも取れしっかり成長している。今は恐竜やプラレールの新幹線に夢中とか。両親やじぃじ達からも恐竜三昧のプレゼントだったね。どんな夢を見始めるのか?どんな未来が待っているのか?想像も出来ないけれど、私たちと違うのはこれからどんどんどんなことも吸収出来ていけること。私たちはこれからどんどん忘れ、出来なくなっていくことばかりだものね。
未来に繋がっていく子供たちを温かく見守っていきたいと思う。

食後、孫を連れて温泉。さっぱりとした無色透明な泉質だった。
ロビーにはたくさんのキャンドルがともされ、ピアノの生演奏が流れる素敵な空間。しゃちょー、ホテル内にバーラウンジのようなものが無くて、売店で小樽の地酒を買い込み部屋飲み。私も小樽のクラフトビールを飲みつつ、寝落ちしてしまう。

翌朝いつもの通り体内時計は正確で4時に目が覚め、爆睡しているしゃちょーを横目にひとり再び温泉。帰って来てもまだ爆睡続けているしゃちょーを横目にひとり外へ散歩に繰り出した。

朝里川温泉というだけあってホテルの真向かいに朝里川が流れている。
見ると遊歩道が整備されていて、散歩にうってつけ♪

遊歩道にはたくさんのドングリやクルミが落ちていた
ドングリなんて何年ぶりに見たことやら・・・
かなり嬉しい気分になり、ドングリ拾いして持ち帰ってきてしまったわ。
柏の木やクルミの木が川沿いに繁茂している証拠ですね。

ところどころ川に降りれるところがあった。
清らかな清流です。
30分ほどの遊歩道の散歩はとても清々しくて、朝風呂と清流散歩は贅沢な時間でした。早起きはまさに三文の徳ですね。

再びみんなで朝食を済ませ、息子の家に戻り少々お茶して私たちは帰路についた。

牧場の留守を守っている次男からは、牛が生まれそうとか診療の牛は手術になったとか・・・我々も何かと気が気ではなく足早に帰宅。
それでも、ヘルパー以外に牧場に留守番がいてくれる安心感は今までにはなかったので、ありがたいことだと深く思う。