2019 10月 27日

ご褒美旅行 東京編

何のご褒美?と・・・聞かれると、ちょっと困ってしまうけれど、私の勝手なご褒美旅行と銘打って昨年の姫路・淡路旅行から1年。
今年も7月から計画を立てて、今月24日から2泊3日で東京一泊、静岡で一泊の3日間。すべてオリジナル行程で念密に練って準備してきた。
しかし、相次ぐ台風の襲来、たった一日しかない中日の雨マーク予報は全く消えないどころか、雨量が多く一日降り続けるとのこと。
そんなお天気予報にガッカリ感が重くのしかかるものの、雨は雨なりの良さがあるさ!とポジティブに切り替え、すべての計画を遂行しようと決意を新たに(笑)出発した。

初日、旭川空港から羽田へ夕方着、東京は曇り。息子は八重洲にある職場で仕事。仕事終わりに一緒に食事でもと思い、仕事が終わるまで東京駅周辺をブラついて時間を潰すことに。


東京駅へは初めて。
全く持ってお上りさん的な私。東京駅の美しさにめっちゃ感動してしまう。遠く離れて見たり、左右に移動したり、真下から見上げてみたり(笑)


今年もっとも注目度が急上昇したラグビーワールドカップ2019日本大会。駅前には、そのサインサインオブジェが設置されていて、沢山のひとが写真に収めていたわ。もちろん私もそのひとり!
ラグビーはドラマ「ノーサイドゲーム」を見て、こんなに熱いスポーツなんだと興味を持ち、実際の日本大会を見て、8強入りした日本チームの凄さに感動したばかりだった。

東京駅の駅舎を見るために外に出た私、再び、ICカードで駅内に入りお土産を買い済ませて、再びICカードで出ようと思ったら改札口が閉まってしまう。
どーして???って思い、気を取り直して近くの駅員さんに事情を話すと、再入場するときは入場券を購入しなくてはならないとのことでした。そんなルールがあったなんてね(笑)入場料金もICカードで対応してくれていいのにね!
それにしても広いわ。駅構内は人が行きかう多さに、真っ直ぐに進めない。ひとを交わして歩くの疲れてしまう。歩き疲れのコーヒータイム。
東京駅すぐ南側にある「KITTE」という日本郵便が手がける商業施設があり、その一階フロアーに「サザコーヒー」がある。
一度飲んで見たかった「パナマゲイシャ」というコーヒー。

同じフロアーにはスタバやたくさんのカフェが入っているコーヒー激戦フロワーみたい。そんな中にサザコーヒーがあるのですが、皆さんはサザコーヒーって知っているでしょうか?
茨城県ひたちなか市の自家焙煎コーヒー専門店。茨城県民からこよなく愛されているコーヒーショップなんだそう。
ココのたくさんの種類のコーヒーのなかで特別な豆、「パナマゲイシャ」というコーヒーは一杯2500~3000円もするそうなんです。
どんな香りや味がするのか、興味があるにしても如何せん高すぎ。しかし、今回はご褒美旅行ですから、財布の口がゆるゆる(笑)もう飲んでみるしかありません。

店内はカウンター席のみ、15席もあるでしょうか?狭いお店です。
メニューをみるとパナマゲイシャでも何種類もあるので、おススメのを頂くことに。

出されたコーヒーは、2種類
パナマゲイシャはサイフォンで落とすそう。もうひとつ小さなカップに飲み比べ用に「本日のブレンドコーヒー」としてペパードリップでゆっくりと落とされたコーヒー
それにメダルチョコも添えられていました。
飲み比べて見てくださいと・・・・

パナマゲイシャは、火傷するのではないかと思うほど熱いのに対し、ブレンドコーヒーは反対にかなりぬるめ。これはサイフォンとドリップの抽出の大きな違いなんだそう。
そんな説明を受けながらゲイシャを飲んでみると、もはやコーヒーの域を超えているというのが私の率直な感想。全く飲んだことのない味。もう言い表せないですね。
時間の経過とともに味も変化していくので、その変化をゆっくり感じながら飲んでくださいと・・・なるほど・・・・冷めて行くほどに甘みがましてまろやかな味に変わっていくように思えましたが、私には自分の知っているコーヒーの域を越えた味が、もはや美味しいのか?判りませんでしたね(笑) なるほどね~とコーヒーの味覚の範囲が広がったという結果に。難しさを知りました。

コーヒーを飲み終えたころ、息子がやって来た。

大手町にある、洋食屋さんの「芳味亭」へ。
創業86年にも及ぶ老舗洋食店。


ビーフシチューを目的に♪
美味しいと云われるビーフシチューとは、いったいどんな味なんだろう?今まで食べたことのあるビーフシチューや自分で作るものとどんな風に違うのか?興味があった。
本店ではなく丸の内から一番近い大手町店へ。大きなビルの地下、割と閑散とした感じの飲食店の入るフロワーでしたが、店内に入ると席待ちのひとがいるほど。
ちょっとびっくり。
ビーフシチューが組み込まれたお手軽な価格のコース料理をチョイス。


秋の前菜 まつたけ~♪


期待のビーフスチュー! お店の表示は「ビーフシチュー」ではなく「ビーフスチュー」
帰宅してしゃちょーに話すとスチューは正しい発音的表現だそうです。
思わず・・・「ほぉ~♡」と声が出てしまう程、なんて美味しいこと! 普段デミグラス缶を使って作る味とはまるで違う、まろやかでとにかく美味しい。


デザートも2種類 これは洋ナシのコンポートとシャーベット 何皿でも食べたくなるほど美味しい♪
あ~満足♪ これから始まる美味しいものとの出会い、わくわくします。

旅行初日、すべての予定をこなし息子の住む川崎の住まいへ移動、一泊させてもらう。
翌日は、静岡県御殿場市へ移動です。