2019 12月 12日

師走の景色

12月も10日が過ぎた。
あれもこれもしなくっちゃ・・・とは思いながらいるのに、行く手を阻む雑用多し。
これもまた師走ならではの出来事です。
忘年会などの行事や会議など、年内にと詰め込みモードの世の中。
大晦日、元旦の両日を過ぎれば、普通の日。なのにその準備の実に多いこと。疲れちゃいますよね。
でも、そこが日本の良さでもあるのかもしれません。
今年も年末の挨拶に廻り始めた営業マン、ホント大変ですね。

月初め、オホーツク海沿岸はさほど降雪量は少なかったものの、強風が吹き荒れた数日間。
少し積もったかと思った雪も強風で吹き飛ばされ、また以前の茶色い景色にと・・・白と茶が交互に景色を染め替えて忙しいです。



本当に今年の12月は目まぐるしいお天気
雪が降っては強風が吹き荒れる。そこそこ、気温は高めに推移していたのに、9日は2月の極寒の寒さか?と言うような
急激な気温低下、この辺りでも氷点下15℃ぐらいはあった。道内では氷点下20℃を下回るようなところもあったそうです。

かと思えば翌日からはまるで春の雪解け時期のように気温急上昇。夕方になったてもプラス8℃なんてことも。
お陰で牧場内は雪解けでぐちゃぐちゃに。

そして昨晩夜中に道北で大きな地震。
道北で地震があるなんて、私の記憶にないと思ったら、90年以上ぶりのことだったそう。
特に豊富町は震度5と大きな揺れだったそうですが、被害はどうだったのでしょうか?

今日は、突然の暴風雨と晴れ間が、かなりの頻度で繰り返されるめちゃくちゃなお天気です。
気温は高め、いったいどうなっちゃっているんでしょう?

暖かいのは嬉しいのですが、、、
何だかね~これって普通じゃないですよね。
この冬はいったいどんな冬になるのか?かなり不安。せめて、年末年始は穏やかであって欲しいものですね。
12月やることはたくさん、用意周到に物事進めて行きましょう。