2020 4月 16日

牛のレプトスピラ症

なかなか気温が上がらず、寒い日々が続く4月です。
浮足立つような気持になれない寒さです。
それでも、草地にスラリー散布が始まり、国道をトラクターが行きかう様子が見られる様になりました。

先日、定期繁殖検診があり、妊娠鑑定は散々な結果。妊娠鑑定頭数の30%しか妊娠確定とならず・・・チーン

コンサルの先生が目標とする毎月の妊娠率20%以上
しかしながらこの2年18~19%がずーっと続いていてなかなか向上しない現実があった。
胚死滅や流産が目立つことから、ある検査をしてみては?と提案された。

バルク乳で「レプトスピラ」の検査

「レプトスピラ」???何? 聞いたことないカタカナ。

検査結果、かなり強い陽性との結果が届いた。

レプトスピラとはほとんどの哺乳動物が感染する可能性がある病原体らしく、レプトスピラに感染すると血流にのって腎臓で定着することから、病原に汚染された尿が排出されるため、尿で汚染された水、敷料、土壌などと接触することで感染を広げてしまうことになるとのこと。
感染してしまうと、目だった臨床症状はないが、繁殖障害を起こしやすいとのこと。
胚死滅、流産、死産、運よく生まれてきても虚弱体質の仔牛だったりする可能性があるという事らしい。

我が家の繁殖事情が悪いのは、この病原体が影響しているのも大きいかもしれないという考察に至った。

 

さて、どうしたら良いのか?

この感染症を防ぐワクチンがあるんだとか!


早速、仔牛から搾乳牛、乾乳牛まで全頭ワクチン接種実施。
毎年、これから継続していかなくてはならないですが、かなり改善されるはずとのお墨付きを頂きましたので
明るい未来が来るはず!効果が表れるのはいつかなぁ~


ひとも赤ちゃんの内からいくつものワクチンを接種しなくてはならなくて、そのスケジュールをこなしていくのは大変なこと。
牛も、あれもこれもとワクチン接種が多くて、それも1回打てば一生終わりなんてことは無いし、ワクチンプログラムを把握しながら実施していくのは大変な作業だし、なんたって牛は頭数が多いですからね。

健康に過ごすって ホント 難しい。