2021 2月 21日

暴風被害

先週の爆弾低気圧による暴風。
月曜日の朝は拍子抜けするような穏やかなお天気でしたが、一転して午後から激しい暴風が吹き荒れた。
幸い雪が付かなかったので、暴風雪のホワイトアウトとはならなかったのですが、風の荒れようは凄かった。

この暴風により、都市間バスが路外に転落するというニュースで、一気に全国的に話題になってしまった紋別。
このバスが転落したのが、えみんぐ牛舎のすぐ近くです。幸い回送中のバスだったようで乗客はなく、運転集も怪我は無くて本当に良かった。
それでもこの界隈では路外に車が落ちる事、多発。我が家の目の前でも・・・それだけ風が酷かったことを物語っています。

我が家も被害を受けました。


丁度風上に引き戸があるD型飼料庫。風で扉が押し込まれてしまった。
大きな庭木の枝がぼっきりと折れしまったこと。

何よりも手痛いのは息子が通勤に使っている車が・・・・



車庫のシャッターが風で壊れ、風になびくシャッターが車を擦り、まるで熊のひっかき傷のような傷だらけのボディーとなり、サイドミラーもケチョンケチョンに壊れてしまっていた。すぐに保険屋さんと車屋さんに電話をして修理に出した。

とりわけ、ひとが怪我をしなかったのは幸いです。

全道各地で暴風による被害が多かったと聞きます。
ひと冬に一度は荒れないと春は来ないようですね。

これが最後である事を願って、穏やかに春を待ちたいものです。