2010 3月 05日

未病

「未病」・・・病気ではないが、健康ともいえない中間の症状。
ちょっとしたしびれやだるさなどを感じる状態のことらしい。
「未病は病気に発展させてはいけない状態、健康に戻る好機である。」と述べられている。
仔牛の哺乳を担当している私としては、仔牛の「未病」を察知することは非常に重要。 
一日2回 一回3リットルのミルクをほ乳瓶で、離乳まで手やりにて給与している。ボトルフォルダーは使わない。
ミルク待ちの仔牛の状態・・・今か今かと待ち切れんっていう状態であって欲しい。寝て待っていられるのは・・・ちょっと・・・冷や汗が出る・・・
ミルクの飲みの勢い・・・一気に飲み干すのが良い、途中何度も休み休み飲むのはイケてない。勢いも前日と比べて弱く感じるときはヤバイ
喉からの雑音・・・誤嚥性肺炎?などを疑わなくては・・・キケン
カーフハッチの中に残されている糞の状態・・・色、堅さ、ニオイ等の毎日の変化は敏感になっていなければならない。
・・・などとあげればきりがない。
私が一番、未病だと感じるのはしっぽ!
健康な状態であればミルクを飲んでいる時に必ず 左右にしっぽを振りながら飲んでいます。尾根をあげて振っているときは最高♪
元気に飲んでいても今日はしっぽを振っていない(>_<)のを見ると  注意信号点滅です。仔牛の未病サインです。 何年 哺乳していても実に難しい作業です。毎日が試行錯誤。 仔牛ってどうしてこんなに繊細なんだろうって・・・つくづく思う。 だから やり甲斐があるって感じるのかも知れません。 社長曰く、私は慢性未病らしい。未病が持病?・・・意味わかりません! 未病・・・病気に発展させてはいけない! 肝に銘じて元気で行きましょう!