2010 9月 17日

シンデレラの靴 その2

白い長靴のシンデレラの靴・・・
これは結構、足に宜しくない。
長靴のたぐいは殆ど、夏は酷くムレ、足底はクッション性も無く 
土踏まずのような立体構造も施されておらず・・・
一日中 コンクリートの床の牛舎を歩いていると 本当に足が疲れ、
水虫に悩ませられる。
フェルト素材などの5㎜ほどの厚さのインソールを入れたってすぐにぺったんこになり
湿気ってしまう。 一日何度もインソールを交換したり・・・靴下を履き替えたり、
長靴を干したりと大変。しかも、魚の目・タコに悩ませられる。
酪農家に嫁いで真っ先に足の変化に驚いたのが、この魚の目、タコ!
畑作農家だった私は いつも柔らかい土の上を歩く事が仕事だった。
それが、一日中 コンクリートの床を歩くようになって初めて 足の裏に
魚のたぐいが出現。 (なぜ?魚の目とかタコって名前が付いているんでしょう?)
それも足の裏に魚の目山脈とばかりに何個も繋がって出来てしまった。
時々、お風呂上がりに、この魚の目山脈を削らないと 足が痛くて歩き方まで変になりそうになる。
かなり大きいサイズの長靴にインソールを2枚重ねしてみたり、インソールをスポンジのような素材にしてみたり・・・多少は良くなるけれど・・・劇的にはからわらなかった。
魚の目山脈と付き合って20年以上。魚の目をかばって歩くため、外反母趾にはなるし・・・ オシャレな先のとがったパンプスなんてとても履けなくなっちゃった。
ところが 今年春、陸上をやっている息子と一緒にスポーツ店へシューズを買いに付き合った時のこと、 私は何も買う宛もなく店内を歩いていると・・・
ランニングシューズ専用のインソールっていうのが目に入った。
足の衝撃を和らげる構造になっているらしく 形も扁平ではなく超立体的。
足ふまずはあるし、かがと部分も特に厚くなっていてイイ感じ。
ほっほっほぉ〜 こんなインソールがあるんだと・・・
これ、シンデレラの靴に入れたら・・・いいかも???と思い、
インソールにしてはかなりお高い値段(2000円)でしたが、思い切って購入。

早速このインソールの下に普通のペンタンコインソールと2枚重ねにして入れて見ました。
そーしたらね、驚き!
足は疲れないし、いつの間にか、20年もお付き合いしていた魚の目山脈が姿を消したんです!
足の健康を取り戻した気分です。最高です。
あなどる無かれ インソールの善し悪しですぞよ!