2010 10月 28日

職業体験

市内の中学2年生の職業体験という授業の一環。
以前は商業系の職種ばかりだったそうですが、第一次産業の職場も生徒に経験してもらいたいという意図から、知り合いの先生を通じ話があり、快く受けることに。
快諾したものの果たして、たくさん受け入れる職場のリストから牧場へ来たいという生徒がいるのか? 少し興味津々だった。
一ヶ月前、3名の希望者がいるという連絡が入り 「3名も居るんだ!」ってちょっと驚いた。 酪農・・・なかなか見捨てたものではなかった。
そして、昨日から女子1名、男子2名の個性溢れる生徒を2日間指導にあたった。
本来なら朝9時から午後3時までの6時間という学校側の時間設定でしたが、牧場に来て搾乳作業をしないのでは職場体験にならないということで、あえて朝7時半から午後1時半までということで了解をもらい、生徒は眠い目をこすって?の出勤となった。

搾乳実習、パーラーの清掃、哺乳、エサ寄せ、ベット掃除や敷料入れ、カーフハッチの掃除とやる事はたくさん、そのほかに昼食にバター作り、殺菌方法の違う牛乳の飲み比べ、数種類のチーズの試食、牛乳のビデオによる学習会など盛りだくさん。
生徒からも色々な質問をされ 中には年収はいくらですか?なーんてびっくりするような質問も出たりして・・・
酪農は面白く、儲かる仕事だということを一応アピールして回答していた社長だった(笑)
二日間の実習の間 中学校の先生が入れ替わり立ち替わり数分程度でしたが生徒の様子を見に来ていたが、先生もまた牧場に来るという貴重な体験をしているはず。
ともあれ無事終了。少しは酪農現場の様子をわかってもらえたかな?
いい印象だったのか悪い印象だったのか?一抹の不安もあるけれど、牧場へ来たいと思った3人の生徒には嬉しさいっぱいでした。
さぁ〜いよいよ10月も終わり、初雪も降ったし、冬支度急がなくっちゃ!