2011 2月 18日

全道研修会

今年も指導農業士会全道研修に参加してきた。
まず、その前に前夜祭(?)。半年振りに千歳の義(偽)姉と再会。将来の農業とか人生についてとか話したいことは沢山有ったんだけど、今回は姉のお友達2人が飛び入り参加。類は友を呼ぶ・・・・とはよく言ったもので楽しい方々で大盛り上がり。

しかし、話しているとちょっと気にかかることが有る。時々会話の端に出てくる「男ってさぁ〜」「ナンダカンダ言っても男はさぁ〜」と言う言葉。
何か失礼じゃない?
と思い、応戦に出る。
そんなに固定観念で見ないでほしい事。
「どっちでもいい」と言いつつ結構色んな事に気を使っている事。
結構我慢している事・・・・・。
え〜、うそだ〜。  とおっしゃるがホントなのだ。
何とかO型男子復権の一助となる様頑張ってみた。しかーし・・・・別れ際に・・・・
「少し旦那の気持ち解ったから、もう少し上手に扱うわ」(あ、あ、扱うって物かっ)
っておーい!復権どころか、泥棒に追銭。天狗に楓団扇。鬼に金棒。馬耳東風。糠に釘。
富良野のKさん、Iさんのご主人!お役に立てず申し訳ない。懺悔します。
姉とのデートに「何であなた方2人がいるの?」という立場だったはずなのに、よく観ると「その3人の集まりに何でアンタが紛れ込んでるの?」と言う画になっていた(笑)
まあそんな楽しくも心苦しい前夜祭を過ごし研修会へ。

懺悔の気持ちで行ったライヴハウス「Half Note」Y.Aさん貴重な話ありがとう。楽しかったです。
さてさて研修会・・・・
今年の講師は、狸小路道産食彩協議会事務局長 牧浦弘英氏。

JR札幌駅周辺に人が集まるようになり、どんどん寂れていく狸小路商店街にお客さんを呼び戻し固定化し活性化につなげるプロジェクトを紹介して頂いた。
偶然自分の宿泊先の正面に「HUGマート」と言う八百屋さんがあった。

「狸小路の真ん中に何で八百屋さん?」と思っていたが、その店こそ年間27万人が来店すると言うプロジェクトの中心になるお店だった。残念ながら、開店時間に訪れられなかったが、生産者の顔ステッカーが貼られた道産食材が3000種類並んでいるという。
いつも、どんなときも、
何ができるか?
何を求められているか?
何をしたいのか?
を追い求めている事で、逆境に活路が見えてくる。
そんな、思いを抱かせる講演だった。
今度行った時は、紋別産の物を買いに行こう。

前夜祭で仲良しになったKさん。何故怖がっている?

11年振りに再会できたYさん。懐かしかったです。