2012 3月 25日

満員御礼

・・・・・と言っても大相撲ではない。
そういえば、春場所も今日が千秋楽。鶴竜関が大関昇進内定の様だが、毎日4時から中継を楽しみにしている大祖母ちゃんは、ちょっとご機嫌ななめ。鶴竜関を含め、番付表の上位陣は殆ど外国人力士。中継を見終わると「ったく日本人はだらしない。」と毎日呟くのだ。
まぁその話はさて置いて。
乾乳牛の話(いきなりかよっ)
乾乳牛とは分娩準備のため、搾乳をお休みしている牛達です。
我が家では、搾乳中止直後の「前期」と分娩予定日3週間前の「後期」の2グループで管理してる。
後期になると、胎児が急激に大きくなり、消化器系のスペースが狭くなり、必要なだけ食べられず栄養不足に陥る。そのまま分娩してしまうと、病気のオンパレード。ケトーだ、四変だ、内膜炎だ、肝不全だ・・・。そんな事を防ぐために、後期牛には、高濃度のなまら美味しい餌を準備している訳です。
しかし残念な事に授精・受胎のタイミングで、後期グループの頭数はいつも増減する。
いま、恐怖の満員御礼・・・状態。
分娩が無ければ搾乳は始まらないので、多いって事は良い事なんだが、後期牛たちが住めるスペースは8頭分。これを超えると問題続出なのだ。経験的予想だが「寝たい時に横になれないじゃないの(怒)」が全ての原因、たぶん。
「施設以上の管理はできない」というK先生の言葉が浸みてくる。
今日現在後期へ移動したい牛ちゃんが3頭待機中。、
そこで、ソクラテス(だれ?)は悩むわけです。
・3頭移動すれば、全頭平等にトラブルの可能性アップアップ
・分娩房を1つ解放すれば、スペースはできるが分娩の場所がなくなる
・移動しなければ、その3頭は栄養不足に陥る
ん〜〜今、最善の策はどれなんだ————。
脳天気にヘラヘラと毎日過ごしてる とお思いでしょうが、
こうして、ワタクシも浅いなりに日々悩んでいるわけです。はい。
あ、画期的goodアイデアをお持ちの方は是非ご連絡を!