2012 11月 27日

ご褒美

夏から今日の日を一年の自分へのご褒美として楽しみにしてきた。
やる気を引き出すためには、報酬の量が多い方が良い?とかと言う生理学研究所が研究成果を発表した記事を読んだ。
予測される報酬の量が大きければ大きいほど脳の神経細胞の活動が大きくなるらしいです。
子供に「テストで100点とったら○○を買ってあげる」という良くある親の作戦もある意味、理にかなっているいることになるんですね。

今日は今年2度目、全盲のピアニスト辻井伸行さんの日本ツアーコンサートが札幌kitaraである日。
7月にチケットが2枚取れ友人と行く事に・・・今日までずっと楽しみに頑張ってきた。

友人と札幌で待ち合わせ。朝バタバタと仕事を終わらせ都市間高速バスに乗り込み ほっと車内のテレビを見たら、道南や登別方面は暴風雪のため停電や通行止めなど交通障害の大変なニュースを目にした。、高速道路もあっちこっちで事故車を目にしながら、無事札幌に着けるのかと心配しながら乗っていたけれど無事定刻到着。
札幌はさほど悪天候とまでは行かずちょっと安心。

今回の札幌行きはコンサートがメインなのはもちろんだけれど、ブラックホール的胃袋を持つ友人と「1泊6食」食べ歩き三昧をしよう!とお店のリストアップにも念入りに計画を立ていた。

午後1時札幌到着だったのですぐに1軒目、ランチに大通りビッセ4Fにあるフレンチテイストのオーガニックレストラン「デュランデル」で野菜中心のランチを頂く。淡いピンクとペパーミント色の色使いのヨーロッパ調の店内は女性客向き。小さなお店だけれど居心地が良かった。

さぁ~て次、大通りビッセ1Fへ下がり「ビッセスィーツカフェ」でデザート。
道内の人気のスィーツ店が6軒ほど入っていて好きなお店でスィーツや飲み物を買って、中央のカフェスペースでイートイン出来るようになっている。


小樽あまおうの「醤油ぜんざいパフェ」&コーヒー 以前からこれ食べて見たかったぁ。
たまり醤油が掛かっているのだけどソフトに実に合って美味しい。欲を言うなら、もろみなんかトッピングされているとなおいいかなぁ~なんて思ってしまった。友人はケーキと杏仁豆腐のベリーパフェ&紅茶!私よりガッツリ!

お店を出て次!行き先はもちろん、食べるところ。
「和三梵」というカフェ&バー しかし・・・定休日でもないのだけれけど「Close」
雪の降る中、気を取り直してミュンヘンクリスマス市へ!


色々なお店でソーセージやムール貝、「サモサ」っていうカレー味のジャガイモの餃子みたいなもの等々を食べ、ホットワインもお店ごとに味が違うのでついつい次々と何杯も。
雪が降りしきる中、寒くてホットワインが何よりのご馳走。
友人と二人で一眼レフで写真撮っていたら、同じテーブルで食べていたおじさんとカメラや写真のことで盛り上がってしまった。羽田空港で働いていたらしく定年して今年札幌が好きで移住し、フィルムカメラを趣味持ち歩き定年生活を楽しんでいるみたい。袖すり合うも多生の縁ね~、見ず知らずの人となんだか楽しい時間を共有できて、より心温まった感じ。いいですね~こう言うの

まだまだ食べたいもの沢山あったけれど、いよいよ辻井さんのコンサートへkitaraに。
プログラムのなかに、大好きな曲が・・・
ショパンの「英雄ポロネーズ」 クラシックを好んで聴かない私がその中でも大好きな曲。
かなり昔、この曲が使われていたドラマがあって鮮烈に印象に残っている曲。そして、最近、辻井さんと平原綾香さんとのトーク番組があり、この英雄ポロネーズ・・・辻井さんが生まれて最初に聴いたクラシック曲で生後8ヶ月にはすでにこの曲を弾く演奏者を聞き分けることが出来たという。この曲が彼をピアニストになるきっかけになった曲とも言えるのだそう。この偶然の事実がコンサートの楽しみを倍増してくれた。
今年1月に感動のコンサートを聴いて、今回再び・・・ もちろん素晴らしい演奏だった。

コンサートの余韻を引きずりながら、友人がおすすめの小料理屋へ
2時間半の胃休めをしたので、胃袋もすっかりリセット。

「桂川」
札幌の中心街から離れた、路地裏にひっそり佇む小さなお店
友人のイチオシということで予約を入れて置いてくれた。

お店には悪天候もあってかお客さんはなかった。
カウンターには既に私達のためのお箸が2膳、並べられていた。 嬉しい贅沢な貸し切りです。

店主は私の想像以上に若い方だった。
笑顔が素敵、柔らかく温かみがあり落ち着きのある話し方をされる店主に感動する私に、友人・・・「でしょう!」と自慢げ(笑)お給仕役の女性もかわいらしさの中に落ち着きと優しさが溢れる方。お二人を見てすぐに何故だかホッとしてしまう。


アジと焼きなすのだし汁がけ


たちの一品


牡蠣のナムル ウドと春菊和え

京野菜なども使われ 一品一品丁寧に作られ盛りつけられてお料理の数々
全くのお任せで10品ほど出して頂いた。

器もステキで、店主の人柄が出ているのでしょう、優しい味と器を楽しみながらの大人の酒の肴です。
一品づつ 素材や下ごしらえの料理のお話を聞きながら 美味しくも楽しい柔らかい時間が過ぎていった。

私達の会話から私の誕生日が近いと言うことを 店主の方は察したのでしょう。
最後に・・・お誕生日ということですのでと・・・メニューにもない、ピスタチオのプリンとごまのアイスクリームを出してくれた。
思いも寄らない店主のお気遣いに感動と喜びで溢れた。

桂川での一夜・・・

素敵な一年のご褒美に感謝です。