2013 2月 25日

全酪連訪問

友人が言っていた・・・「まるで売れっ子芸能人並に忙しい・・・」と・・・言われるほどあっちこっち飛び回っている全酪連の主任研究員の齋藤さんが隣町まで講習会に来たから・・・ついでにチラ見でもいいからとハードなスケジュールの中、わずか1時間の滞在時間もないなかを訪問して下さった。

駆け足で仔牛の状態をみて、あとは事務所にて乳検データーとか飼料設計などについてざっと聞き取り。


我が家の栄養士も交えて・・・

 
傍から話の内容を聞いていると実におもしろい。
私が言うのもおかしいけれど、しゃちょーは実に齋藤さんを喜ばせる話術を持っている様だ。

牛やエサの話をしているのに、壇蜜の話など・・・ちょーっと危ない?路線をたとへ話で織り込みながら話す。

そうすると、齋藤さんの険しい表情が一気に和らぐ。

夜の市内での懇親会の時も二人の間には入る隙間がないほど マニアックな音楽の話、危険な匂い?のする話などに盛り上がっている。なんだか 実に似たもの同士?なんでしょうか?

あっ、そんな話ばかりではありませんよ。
ちゃんと、仕事の話が主体でしたから(笑

それにしても、今年はここ10日ほど育成の風邪が目立つなって思っていたら、獣医師も今年は風邪の診療が多いって言ってた。
ここ最近、気温の上がり下がりが激しいせいなのかも知れない。

肺炎にしないように育てないと将来、成牛なって能力を発揮して貰えなくなってしまう。

いつになっても これでイイという牛飼いは出来ないなぁ・・・