2013 9月 02日

美深へ

お盆以来ずっとお天気崩れっぱなし
奇跡的にたった一日だけ晴れた8月29日

帯広より私の妹(まさに晴れ女)が来ていたので、美深へ出かけた。

美深は私にとっては初めての土地

美深・・・いったい何があるのか・・・
調べてみると結構ありました。

「トロッコ王国」
トロッコ王国トロッコ王国3

日本一の赤字ローカル路線で有名だった旧国鉄・美幸線が昭和60年に廃止され、以後平成10年にトロッコが運行され、全国各地から観光客が訪れているとのこと。
切符を買って、エンジン付きのトロッコに乗り往復10km(40分)を白樺並木をくぐり、鉄橋を渡ったり、草原を走り抜けたりと自分の好きな速さで、風と空と太陽のまぶしさを思う存分浴びながら走る事が出来る。
初のトロッコ体験。 普通免許があれば誰でも運転出来る・・・運転と言っても線路の上を走るのでハンドル操作なんてないし、アクセルとブレーキ操作ができれば充分♪

トロッコ王国2
奇跡的に晴れたこの日、トロッコ乗車には最高のお天気となった。
トロッコの震動が何ともワクワク感が倍増して子どもの様に楽しい♪
往復10kmなんて、あっという間だったわ。もう一往復してみたい気分だった(笑

トロッコを降りると線路の向こう側に・・・・
あら!珍しい♪ 羊のチーズ工房が見える「チーズ工房 羊飼い」

チーズ工房羊飼い羊2羊
生憎、まだ開店前だったらしく、チーズ工房の方とお話できなく残念。
でも羊チーズはトロッコ王国の売店で売っていたので購入する事が出来た♪

チーズ羊飼い
種類は沢山あって、ラクレット、プロヴァ(プレーンと燻製の2種)、ストリングを購入。カマンベールもあるそうなのですが、カマンベールだけは残念ながら在庫がなかった。
取りあえずあるだけ全種類購入。
食べて見ると、驚く程癖がない。ヤギのチーズとは大違い。しかも牛のチーズより癖がないです。
余りにも癖がなくて、物足りない感じがするほど。

でも、初めて食べる羊のチーズ。ちょっと感動ものです。
羊はヤギより乳量がはるかに少ないから本当に希少なチーズと言えますね。
牛乳よりも脂肪・タンパク質・ミネラルが高く、乳糖は少ないのでお腹には優しく高栄養ということのかな?なのにチーズは癖がないんですね。不思議。
羊のアイスとか生乳とかもあったのですが、次回のお楽しみにしておくことにしました。

美深は羊が有名なんですね。

トロッコ王国のすぐ近くに「ビストロ・コイブ」というラム料理を出してくれるお店があった。

ビストロコイブ
このお店、夏場3ヶ月余りしか営業していないのです。今年で2年目。
しかも、ここのシェフはシェフ歴すでに7年、若干23歳の女性がひとりで切り盛りしているお店なんです。

ビストロコイブ4
コイブ 自慢のパスタはラムのボロネーゼ と言う事で・・・頂いた。

ビストロコイブ3
塩味の効いたパスタにラム肉のボロネーゼ
ラムの柔らかさが際立ち、ラム特有の臭みもさほど感じず、美味しかった♪
妹はラムベーコンと野菜のパスタ。

ビストロコイブ2

もう一つ特産が蕎麦だそうで、そのそば粉を使った野菜サラダのガレット
香ばしいガレットに夏野菜のオンパレード、スゴク美味しい。

美味しいのに、どうして僅か3ヶ月余りしか営業しないの?と若いシェフに聞いてみた。
「冬はこんな山の中で観光施設も閉鎖してしまうので、お客さんが来ないでしょ」って

ははぁ~ん そうね、納得だわ。

冬場は何をしているの?と尋ねたら・・・
冬は東京に戻ってチーズ作りの講師などしているとのこと。

今季は9月8日までだそうですよ。
店内の装飾はすべて、彼女のお手製、手作り感いっぱいのお店です。
メニュー表も白樺の皮に書いたものなんですよ。なかなかステキなアイディアです。

美深から名寄にさがって、今 花盛りのひまわり畑を見に行ってきた。

ひまわり2
遅咲きのひまわりが満開で綺麗だった。

「星守る犬」をご存じですか?
コミック本が原作、のち映画化されたのです。

名寄のひまわり畑が映画のロケ地となったんです。
知ってはいたものの、星守る犬のストーリーは最近まで知らなかった。
春に偶然、知人がこのコミック本を貸してくれて読んだ。
涙なしに読めないストーリー。お父さん(映画では西田敏行)とその愛犬ハッピーの愛情溢れる、しかも悲しすぎるほどの悲しい物語です。

そんなストーリーを思い出しながら、広いひまわり畑を眺め、いよいよ秋の始まりをどこか感じながら帰ってきました。

美深の一日を満喫できた。

翌朝からまた雨・・・・

 

いったいいつになったら・・・・ 2番牧草始められるのでしょうか?

とは言え、ここ1週間は仕事以外のスケジュールでめいっぱい埋まってます。