2014 10月 27日

よつ葉ミルクフェアーin Tokyo その2

24日午前10時の開店に合わせて、30分前に催事場に集合。

よつ葉ミルクフェアー3
催事場は午前10時から午後8時までの営業とあって、2班に分かれて各5時間班ずつ売り子を担当する。
私たちの班は4名で10時から午後3時まで。
牛柄のエプロンとバンダナをし、首には自分たちが生乳生産者であることを明記したネームプレートを掛け身支度、お店の外でのティッシュ配りの呼び込み、牛乳の試飲のための担当など分担し、一日のローテーションや商品の詳細や売り込み手順、方法などの説明をザッと受ける。

いよいよ開店。
有楽町駅のど真ん前とあって人の動きはものすごく多い。
駅からまっすぐこの催事場に入ってくる人が意外と多い事にも驚いた。
下記の写真はビル内からの入り口の様子。夕方ともなれば来場者の数も半端なく、狭い店内はごった返し、人を交わすのにも苦労するほど。

よつ葉ミルクフェアー
この催事場はデパ地下などの催事場とはちがって、ここは東京交通会館というビルの一階。
地下には飲食店や各県の物産店とかはあるけれどデパートとは趣が違うように思えた。

よつ葉ミルクフェアー4DSC_0338
お店の外では主に道内各工場エリアのJA職員さんやよつ葉職員さんが、よつ葉オリジナルマスコット「みるもう」のティッシュを配りながら牛乳の試飲に中へ呼び込む。(写真は前日の様子)
私たちは来場者にひたすら声を張り上げて試飲を促し、消費者からの質問や対話を通して笑顔でコミニュケーションを図るという指名を全うする。

北海道どさんこプラザ
店内で写真は撮れないとの事でしたので、どさんこプラザのFacebookより写真を使わせて頂きました。今回の商品のラインナップ。

牛乳は 通常の十勝よつ葉牛乳、根釧牛乳、生産者指定よつ葉牛乳、ミルクコーヒーの4種

希望があればどの牛乳も試飲して頂ける。
今日は全種類時間ごとに試飲提供して 来場者にどんどん配った。

よつ葉ご存じですか?などと声をかけると「いつも生協から取って飲んでるよ」とか「よつ葉は美味しいよね、発酵バターはものすごく美味しいよ~」とか想像以上の認知度。
私たちが生産者なんです、今日は北海道から乳搾りを休んでここへ販売に来ていることを告げると、驚きの顔と激励の言葉を掛けてくれる。 もの凄く嬉しい。海外の人にもたくさん試飲してもらった。

私、率先して外へティッシュ配りの呼び込みもやってみた。
これが以外と面白い。
駅前とあって、私たちの他にも 献血の呼び込みの人やどこだかのチラシくばりの人とかたくさん居るのです。負けちゃ~居られません!
自前の声の大きさを武器にひときわ大きな声で呼び込みながら、笑顔・笑顔でティッシュを配る。
そうしたらね、隣で献血の呼び込みをしている人が苦笑して、「牛乳の試飲したあとは是非に献血にご協力して下さい!」って呼び込みしてたわ 笑
あっという間にティッシュ一籠がカラになるほど。主婦層はもちろん、ご年配の方やサラリーマンなどなどの男性客が結構、気持ち良く受け取ってくれるんです。楽しかったなぁ。

思った以上に道産商品を買い求める人が多い事に驚き、そのリピーターの多さに北海道ブランドの強さを身近に感じました。
生乳生産者として日々消費者の顔の見えないところで生産活動している私たち、こんなに愛されていることに誇りと襟を正し、良質乳の生産に努めなければと改めて認識したところです。

私は他社の牛乳を飲む事もよつ葉の牛乳を買って飲む事も必要ないので、飲み比べした事が無いけれど、消費者の口は鋭いです。真に感じました。

こうして5時間の担当が終わりみんな声も変声し、足が棒になりながらもあっという間だった。
午後3時後半の班にバトンタッチして、その後夜の懇親会まで5時間ほどの自由時間。疲れも忘れて人混みの中に消えていってしまいました。笑

私の自由時間は後日アップ。

午後8時半、昨日とは違った居酒屋で次の釧路工場エリアの酪農女性さん達との交流会。
今回、私たちは経験者としての感想とアドバイスも含めながらの自己紹介。
これまた私たちはお役目を終わったという開放感から、俄然テンションもあがってしまう。
全く知らない人と思っても意外なところでつながっている事を発見したり、本当に新たな交流が生まれたりと、これが交流会のいいところですよね。
そうそう、この交流会の時にその日の試飲総数、売り上げなどの報告がされ、前日より成績がアップしていると参加者から大きな拍手がわき起こる。しかしながら、翌日の人たちはプレッシャーがかかってしまうんですね 笑

本当にイイ経験をさせて頂く機会を得ました。感謝です。

今回の経験を生かし次回ならもっといろいろなこと出来るかも?と思いながらのミルクフェアーでした。いろいろ反省点は多くあれど、楽しかったし良かった!

各工場エリアのよつ葉乳業の皆さん 本当にお世話になりました。ありがとうございました。