2014 11月 28日

全酪連訪問

久しぶりに・・・今年初めての訪問の全酪連齋藤さん。

齋藤さんとのお付き合いも もう10年になります。
年に1~2度は東京から忙しい中を訪問して下さり、牧場の現況を把握してアドバイスや情報を提供して下さる。

強化哺育もその一環。
ここ数年はすっかり強化哺育牛の体型も見慣れてしまい、あまり感動することも刺激も無くなっているのも確か。。。。でもね、齋藤さんが来られるとなると、ピシッと自分の中で何かが締まる気がするんです。(いかに普段だらけているか・・・見抜かれそうですが 笑)

いつ来られてもあまり変わり映えのしないたむら牧場。
施設が増えたり、改造したりしているわけでもなく 成績が際立って右肩上がりでもなく、ホント糠に釘状態で「ごめんなさい!」っていう感じです。

齋藤氏訪問2014.11
齋藤氏訪問2014.11.no2齋藤氏訪問2014.11.no.3
それでもこうして訪問してくださるので、たむら牧場としてはその度に襟を正す気持ちになれるだけでも、ありがたいことです。

私には小難しいことはわからんので、今回は茅の外で賄いのおばさん役を兼ねて終始傍観。
齋藤さん、ちょっと体調を崩されているのか、今回は得意な派手な脱線も無かったような???

齋藤氏訪問2014.11.no4
夜はちょっと早い忘年会をかねて、市内のイタリアンで夕食会。

来年2月9日に帯広で哺育・移行期中心のセミナーをバージニア工科大学ボブ・ジェームス博士の講演で開催する予定だそうです。
哺育!と聞けば私も行かざるを得ません。
懐かしい面々にもお会いできるかもと思うと、これまた楽しみです。

そこそこから脱出できないたむら牧場ですが、これからもよろしくお願いします。
ご訪問ありがとうございました!