2015 1月 19日

栄養ドリンク

栄養ドリンク・・・疲れているとき、まだまだこれから仕事が続くときなど栄養ドリンクの力を借りる事も多い日本人。 牧草収穫時などはたまにお世話になることもあるし、作業に来てくれた人たちに配ったりもする。

年配のおばちゃんから、疲れているでしょ?これあげるからと良く栄養ドリンクを箱で貰ったりする。 これには正直驚く。まるで缶コーヒーでもくれるかのように・・・ドーンと!

飲まずに置いておくとどんどん消費期限が切れてくる。
かといって、必要も無いのに飲む気にもならない。 困りものだったりする。

 

紋別にも昨日あたりから流氷が見えるようになった。
ここ数日ずっと暖かな日が続いていただけに酷く寒く感じる。

気温の寒暖差が激しくなったりすると 仔牛も些細なことで弱る。
下痢や風邪を引き起こすと、なかなか早く直らなかったりする。

下痢をすると治療のためにとミルクを減量したり、断乳したりする農家さんも多い。
極寒期には、そうすると栄養不足を伴い、仔牛の体力も益々消耗し病気の治るのにも時間がかかるどころか悪化させてしまう事もある。
飲まずにあったたくさんの栄養ドリンク
体調の優れない仔牛に投薬と平行して一日1本を2日程飲ませると 結構 元気になってくれるんです。

栄養剤

栄養ドリンクの無いときはブドウ糖などを飲ませています。

トクの出荷日に飲ませると元気はつらつ!で高く買ってもらえるかもしれません 笑

 

栄養ドリンク、あくまでも非常時の補助材です。長期常用は人も危険らしいですから。

お気を付け下さいませ。