2015 6月 29日

バンカーサイロの排汁

何日ぶりだろう、久しぶりの日差しです。
自走チームの牧草収穫作業も本格的にいよいよ最終戦です。
しゃちょー、オレもこんな優しい日差しのなか、切り込みしたかったなぁ~と
ボソリ。

日差し2日差し
日差しが眩しく暖かいことに感動します。
気分も良く、何でも任せて!っていう気になりますね。笑

 

しかし・・・

現実は厳しい。

 

先週、雨あたり、しかもドシャブリの中で加水した状態で詰めたバンカーサイロから流れ出るサイレージの排汁。

サイレージ排汁
手前の芝生のところが一番のバンカーから見て一番の低地。
雨の水たまりではなく、バンカーに詰めた草から出てくる排汁。
牧草の栄養分が全部流れてしまい、サイレージは良質発酵にならないのです。
高水分だと必ずしみ出てくる。この排汁は出ないぐらいがちょうど良い。
心なしか、あんなにてんこ盛りだったバンカーが排汁となって出た分、カサが低くなった。

サイレージ排汁2
今年詰めた4本のバンカーともしみ出ている、しみ出ている・・・
これが結構長期間に渡ってしみ出るのですよ。
この匂いが正直、臭い!
ウチのバンカーは牛舎の正面にズラリと並んでます。
これから気温が上がる夏だというのにね、もう最悪です。
我が家に来る時はどうぞ消臭スプレーをご持参下さいませ。悲