2015 8月 24日

オホーツクブルー

8月も残り1週間
雨が上がったような?まだ霧雨も時折・・・

お天気これから本当に回復するのか?台風の影響でまた崩れるのか・・・

もうこのお天気にも飽きましたね。

雫

オホーツクブルーの空を見上げたくなりました。

オホーツクに住むひとなら誰でも使う「オホーツクブルー」という言葉。
実はこの色にはきちんとした定義がある事を知りました。
オホーツク地域では、澄み渡った青空、オホーツク海の青、流氷の青、北方民族衣装の青など・・・この地域の雄大な自然や歴史をなどを象徴して”オホーツクブルー”という言葉で表現している。

平成19年にオホーツクシンボル委員会(網走支庁)で決定された「オホーツクブルー」のスタンダード色。

オホーツクブルー
このオホーツクブルーのベースとなった青は10色
”10のストリーブルー”があるそうでアイヌの藍染めの青、流氷の青、オホーツクの夜明けの青、盛夏の青などなど様々な特色の有る10のストリーブルーを混ぜ合わせてオホーツクブルーが決定されたそうです。
詳しくはこちらから。
なんて、ステキなオホーツクブルーの由来なんでしょう。

流氷
地域に根ざした色を持っているなんて、ちょっとオホーツクの自慢です。

日本で唯一流氷が来るオホーツク。沢山の青色バリエーションとオホーツクブルーと共に生活する人々の様々な感性。これからも豊かな青に包まれて暮らしたいですね。