2015 10月 19日

道北へ

週末、2年前に転勤した友人宅を訪ねるため道北へと車を走らせた。
オホーツクラインをひたすら北上。
途中、音標辺りの砂浜で一休み。
道北の海3
オホーツクの海は穏やかで綺麗。
道北の海
道北の海2
ついつい時計も気にせずに海を眺めていたら、意外にも時間を押してしまっていて慌てて北上続行。我が家から車で15分でいくらでも海を眺めに行けるのに、改めて海を見に行こうと思わないので、この時とばかりに・・・本当に久しぶり。砂浜はもちろん私ひとり♪
風車
浜頓別まで来ました。
大きな風力発電の風車が5基。流石に風の道北ですね。
生憎の霞空。それでも風も余り強くなく暖かなお天気♪

浜頓別からオホーツク海から離れ、一路日本海に向けて道北横断、豊富町を目指します。
およそ60kmの山間部を通り抜ける。
道北
途中いくつもの古いサイロが目に入る。
北海道酪農初期を代表するサイロ。この小さなサイロのエサで何頭の牛を飼って生計をたていたのだろう?と思い浮かべながら、実母の両親が酪農をやっていた50年前の酪農風景が蘇る。当時私はまだ小学校に入るか否かの頃。決して牧場に対し心弾む感じで祖父母の家にいった記憶は無い。
あれからわずか50年。酪農のその姿は激変している。

色々とそんなこんなことを考えながら、アッという間に豊富到着。

久しぶりの再会。

すぐに食いしん坊の私たち、早速彼女のツアーコーディネイトで40km更に北に向け走り稚内市のケーキ屋さんへ。

ヒルンド・ルスティカ

「ヒルンド・ルスティカ」
「田舎のつばめ」という意味なんだそうですよ。

ヒルンド・ルスティカ3ヒルンド・ルスティカ2
洗練されたケーキの数々。
迷いつつも3個 紅茶と共にイートイン♪
彼女のオススメのお店とあって、間違いなく美味しい。
5個は無理なく食べられるかもと思わせるほど、くどさを感じないし、一つのケーキの素材の組み合わせとデザインが素敵。

積もる近況報告に花が咲く。

遅いランチを摂るために、再び今度は南下すること30km。
いちいち移動距離が長いです 笑。

上勇知という丘陵が広がる何もないところに、ぽつんと煉瓦牛舎を再利用した素敵なレストランへ連れて行ってくれた。

このグルメ話は仕切り直して書きます。