2015 10月 19日

六花の丘茶寮

上勇知地区
泥炭牧草地の丘陵が広がるこの地域
紋別とはまた違った風景に、ここで酪農を営む難しさとともに、この風景にどこか癒やされる思いが、すーっと胸を通りぬける。

紋別より半月季節を進めたような晩秋というよりも初冬を思わせる寒々しさを感じながら丘陵の中、車を走らせた。

狭い道路の際にぽつんと古い煉瓦作りのキング式牛舎の廃屋(築54年)を改造した素敵なカフェレストランがある。

六花の丘茶寮
六花の丘茶寮2
「六花の丘茶寮」
定年退職した物腰の穏やかなご夫妻が、週五日営まれている。
六花と書いて「りっか」と読みます。
この六花とは、イタドリ・エゾニュウ・ノラニンジン・ウド・シモツケ・コバイケイソウという六つの野の花をさしているそうです。

店内は静かな音楽と共に、こんな何もない、誰も来なさそうなそんな所に、洗練されたセンスの良い空間に、息を呑んでしまう。
椅子に腰掛けるのも、つい背筋が伸びてしまいそう。

六花の丘茶寮3六花の丘茶寮4
日差しが低く差し込む店内から、すすきの穂もすっかり寂しくなり、風にひっきりなしになびく様子を見ながら、お料理を待ちます。
すでに暖炉には火が入り、ほんのり冬の暖かさ感じます。

六花の丘茶寮5
オーナー特製のスモークサーモンのクリームチーズ添え
切り身が厚くて贅沢です。
くるみが秋色を添えています。

六花の丘茶寮6
魚介のアクアパッツア
スープが美味しい♪
六花の丘茶寮8
全粒粉のパン 可愛い♪
六花の丘茶寮7
ジンジャーの入ったハーブティ「ひだまり」 ネーミングがステキ
ほっこり温まり とっても美味しいの、虜になりそうです。

帰り際・・・
このご夫妻と少し立ち話。
烏骨鶏を飼いたくてとネットで有精卵を購入、孵卵器で孵化したばかりの雛を見せてくれた。鶏を飼うのは初めてなんですって。孵卵から始めるなんて凄いチャレンジャーです。すでに鶏小屋も出来ているようで、来年の産卵が楽しみです。きっと烏骨鶏の卵を使ったメニューが登場することでしょう。
烏骨鶏

何だか、お話すればするほど物腰の柔らかさの中にも、思わぬ側面が見えて面白くステキなご夫妻でした。

こんなステキな空間を持つカフェに連れて行ってくれた友人に感謝。
また 必ず訪れたいお店です。

六花の丘茶寮
稚内市抜海村字上勇知原野1474-2
tel 0162-73-1870
定休日 火・水
11:00~17:00